消費者金融は自転車操業の会社が使う?

キャッシングベスト3

自転車操業の会社が消費者金融も使っているの?

中小企業って結構たいへんなところが多いですよね。私の知人も勤めている人が多いんですけれども、だいたい大変だって言っています。特に余裕が無いらしくて、お金が無くなりそうになっているっていう話をよく聞きます。だから資金繰りで消費者金融から借りたりして、自転車操業だという話も聞きました。
(⇒事業者が融資を受けるなら工夫しよう

普通消費者金融から借りるということを企業はしないと思うんですけれども、やっぱり自転車操業になってしまうような会社だったら、消費者金融からも借りたりするものなんでしょうか。

自転車操業じゃない会社も消費者金融を使うこともある

中小企業や更に小さい零細企業っていうのはなかなか大きな会社で働いているだけではわからないようなことが、たくさんありますよね。その一つとして消費者金融を自転車操業だから使っているんじゃないかっていう話ですが、実際にはそういう会社もありますが自転車操業じゃなくても消費者金融を使う会社は多くあります。

なぜか、それは消費者金融じゃないと借り入れできない時があるからなんです。消費者金融じゃなくて銀行から借りるのが普通と思うかもしれませんが、銀行から借り入れできる業者ばかりではありません。中には銀行の口座を作るので精一杯のところもありますから、結局は消費者金融を使わざるを得ない人もたくさんいます。
(⇒銀行と消費者金融の使いどころの違い

消費者金融を使っていなかった時代には他にも会社向けのローンというものがあったのです。商工ローンと言われていて今ではもうほとんどなくなってしまっています。代わりにビジネスローンというものが出てきていて、これが消費者金融や銀行系カードローンの商品の一つとして扱われていたりするのです。

ですので最近では中小企業や零細企業に関しては銀行から借り入れができるところはいいとして、できないところは消費者金融を使っている割合は意外に高くなっているのです。なので自転車操業だからというわけではない可能性もありますし、消費者金融を使っているからと言って必ずしもその会社は業績が悪化しているということでもない、ということになります。

消費者金融の無利息融資を利用して自転車操業状態を脱する方法

いろいろな貸金業者からお金を借りると自転車操業状態になることがあります。どういうことかというと、次の返済日までに収入がないので、別の貸金業者からお金を借りて、それで返済するわけです。借りたお金で返済すると、収入は必要ありませんが元金が減ることはないので、ずっとその状態を続けてしまうと元金と共に利息が少しずつ増えていって、やがて、借入限度額に達してしまい、返済が出来なくなってしまうということになります。

では、そうならないためにはどのようにすればいいのでしょうか。まず、一番手っ取り早い方法としては、収入を増やしながら無利息の消費者金融を利用するという方法があります。勿論、ずっと無利息でお金を貸してくれる貸金業者はありませんので、一週間まで無利息といったプランがある貸金業者を利用するのです。すると、どのようなことが可能になるのかというと、本来、返済出来るようになる数日前に返済が可能になるので、その分、利息の支払いを少なくすることが可能になります。

具体的に言うと、たとえば、給料日が20日だとします。すると、どんなに早くても貸金業者に返済出来るのは20日ということになりますが、無利息期間を利用して、それ以前にお金を借ります。もし、無利息期間が一週間ということであれば、13日頃にお金を借りるわけです。そして、そのお金をそのまま返済に回します。すると、本来であれば20日まで加算されていた利息を一週間分、払わなくて済むことになります。

そして、20日になったら無利息でお金を借りた貸金業者に借りた分を返済するわけです。これをひたすら繰り返すことで利息をかなりカットしていくことが出来ます。たとえば、一ヶ月ごとに7日間分の利息をカットしていくとします。一日あたりの利息が500円だとしたら、一ヶ月で3500円の利息をカットすることが出来て、一年だと4万円近い利息を支払わずに済むわけです。利息が多ければ多いほど効果的です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.