消費者金の「悪循環に陥る」について教えて

キャッシングベスト3

消費者金融利用者が「悪循環に陥る」とはどういうことですか?

私は現在、消費者金融の利用しています。先週ネットで調べていたら「消費者金融」の検索ワードの横に「悪循環に陥る」という文字が出ました。その時は一瞬のことだったので気にも留めていませんでした。

しかし、よくよく考えると恐ろしい表現であることに気が付きました。安心して消費者金融を利用していきたいと考えているので、「悪循環に陥る」のはどんな場合かを教えてくれませんか?
(⇒消費者金融をもっと安心して使う為に必要な事

広い意味で消費者金融に「依存」してしまうことを言います

消費者金融は、返済を繰り返すほど上限が上がるというシステムを採用しているのはご存知でしょう。加えて銀行系ローンより、全般的に審査は甘めでもあります。当然、安易に考えて利用する方もいるということです。例えば、「生活費が少し足りない」→「一時的に消費者金融を利用」→「期日までに返済」→「また足りない月があるので同額借りる」。このようなパターンですと悪循環は起こりません。利息分を支払うことには当然なりますが。

しかし、多額のお金を手にして「これは私の使えるお金なのだ」という思い込みが強くなると、買い物依存やギャンブルで使用し始め、多い金額を同じ消費者金融へ、次に別の消費者金融へという「さらに多く借りて、さらに多く返済する」という悪循環が発生しうるのです。もし、期日まで返済できないことが複数回起こった場合は、生活費などに充てていた額も借りられなくなります。「悪循環に陥る」の典型例です。

もう一つのパターンは、とある事業者が消費者金融で簡単に借りられたからというので、安易な事業展開の計画を立ててしまい、気がついたら他の会社で借りて、という俗に言う「自転車操業」的な悪循環の発生のことを指します。個人の場合と事業者の場合で分けて説明しましたが、自営業や在宅ワーカーが当たり前となった今日では境界線はあいまいです。とにもかくにも、必要な分だけ有効利用できるように借入をするのが賢い消費者金融の使い方だと言えます。

【参考ページ】
借りすぎは融資で最も多く危険なミスです

消費者金融で陥ってはならない「悪循環」とは

消費者金融では事前に設定された限度額の範囲内でお金を借り入れ、一時的に消費できるお金を増やすことができます。借りたお金には利息をつけて返済することが必要となりますが、しっかりと収支バランスを考え、責任を持って利用していくことができれば非常に便利な存在です。

ですが消費者金融を利用していく上では、言うまでも無く「借りたお金を返す」ということが義務になってきます。返済日になっても返済ができないから見逃してもらえるというようなものではありませんので、利用の際には注意が必要です。そして利用の際に特に気をつけなくてはならないこととなるのが「悪循環に陥らない」ということです。

では消費者金融における悪循環とはどういったものなのかというと、これは「多重債務」と呼ばれるような状態です。最初にある金融業者からお金を借り入れて、返済日になったときに返済をすることができないために別の金融業者からお金を借り、返済に充てるというような状態がこの状態です。この状態に陥ると本来返済するべきだったはずの金額に対して、どんどん借り入れ総額が増えていくこととなるのです。最初に業者から借りたお金が10万円で利息が1万円だったと仮定すると、次の業者から借りて返済に充てるには、11万円を借りなくてはなりません。そしてもしこの借り入れた11万円に利息を加えた分のお金を返済するあてがつかなかったのであれば、また別の業者から同様に借金を重ねていくこととなります。
(⇒利息の加算方法が分からない人はこちら

返済するために借金をするというような状態が繰り返されてしまうと、最終的には収支のバランスを大きく超えた多額の借金に膨らんでしまうということもありえます。そうなってしまった場合には自己破産などの方法で清算をすることとなりますが、一度自己破産を行ってしまうと信用情報には事故情報が記録されることとなり、その後長くにわたって融資を受けることはできなくなってしまいます。必要なタイミングで融資を受けることができなくなってしまうと、人生設計も大きく狂うこととなりますから、消費者金融を利用する際には必ず注意するように心がけましょう。
(⇒融資での自己破産は本当に最後の手段です

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.