消費者金融の審査に落ちるデメリットは?

キャッシングベスト3

消費者金融で審査に落ちたら何かデメリットはありますか?

消費者金融で審査に落ちちゃいました。落ちたら何か普通の生活でのデメリットはありますか?
(⇒消費者金融の利用とその影響について

消費者金融で審査に落ちたら、他の消費者金融で借りにくくなる程度

消費者金融の審査に落ちたからって、職場に連絡が行くわけでもなく、家族に知られるわけでもありません。むしろ、理由と正当な手順を踏まず知らせるのは法律に反する行為です。

ただ、消費者金融間の信用情報には、借入のための審査をしていて問い合わせがいついつ有り、結果として消費者金融側から見ると貸付が発生していない。イコール、審査に落ちているという事は一目瞭然です。審査に落ちるのには理由があるのではないかと疑念を生じさせ、ついつい普通調べないクレジットカードでの借入内容等にも踏み込んでくる可能性はないとは言えません。(参考ページはこちら→審査落ちは回数によっては致命的に?

ですが、消費者金融と言っても、色々あります。一社で審査が通らなくても、他社では審査が通るという事は多々あります。基準が違うのです。(参考ページはこちら→消費者金融の審査基準はどうなってるの?

消費者金融それぞれに基準が違い、破産経験者でも数年経過し、嘘無く書いて、定期的な収入があれば貸してくれるところもあるのです。(参考ページはこちら→融資審査では逆に嘘が危険となります

そうなるとデメリットは他の消費者金融で審査が通らず借りにくくなる程度、ついでにクレジットカードも審査があるため、作りにくくなる程度となります。

これはそこまで大きなデメリットでしょうか?

消費者金融の審査に落ちる人がマイホームのローンを組めるかと言うと、消費者金融での審査で落ちる状態であれば、ローンが否決される可能性は高いです。ただ、それは消費者金融の審査が通らなかったからというよりは、元々持っている審査にひっかかる要素の問題かと思います。

普通に生活するに当たってのデメリットは大きくはないかと思います。

消費者金融審査に落ちたら何が原因なのか確認をする

カードローン消費者金融審査に落ちたら、何が原因であったのかを確認する必要があります。どのような項目において、審査に落とされるようなことになったのか、ということを吟味する必要があるのです。問題を確認することができないのならば、他の消費者金融に審査を申し込んだとしても、再び落とされてしまう可能性があるために、問題を解決する必要があるのです。

消費者金融審査に落とされやすいのは、年収が低かったり、勤続年数が低かったり、また既に複数の金融商品を利用している場合です。これらの項目において、審査の基準を満たさない場合には、カードローンの審査に落とされやすくなってしまうのです。

年収が大切なことは、収入が無ければ支払いを行うことができないからです。これは当然のことであり、金融商品を利用するためには、かならず収入が無ければならないのです。収入が無ければ、カードローンを利用したとしても、返済することができなくなって島のです。なので収入は絶対に必要であるので、専業主婦や学生の場合には、審査に通ることは厳しくなってしまうのです。

収入さえあれば、フリーターでも主婦でも利用することができます。アルバイトやパートなどで安定した収入があるのならば、支払うことができると見込まれるために、審査に通りやすくなるのです。また勤続年数も重要で、勤続年数があまりにも短い場合には、安定して収入を得ることができ、そして支払い続ける、ということを見込まれることが無いために、審査に落とされやすくなってしまいます。

既に複数の企業からローンを組んでいる場合には、カードローンの審査に落とされやすくなります。複数のローンを組んでいることは、支払い能力の欠如と判断されるからです。支払い能力があるのならば、本来ローンはひとつだけで十分なはずです。それが複数も利用している場合には、返済を行うことが難しい状態であると判断されてしまうので、審査に落とされるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.