消費者金融が全部通らず…なぜなのか?

キャッシングベスト3

今まで消費者金融が全部通らず…何が理由なの?

今まで消費者金融を幾つか申し込みをしてきたんですけれども正直全部通らず…こんなことってあるのか!と思いましたが現実で起こっていることですししかたなく受け止めているつもりです。しかしそれでもなんでここまで落ちてしまうんだろうというように思います。

今まで申し込みをしてきた消費者金融が全部通らず絶望しているという人っていうのは私に以外にもいるのでしょうか。また通らないことはよくあるんでしょうか。なんだか自分だけのような気がして不安です。

消費者金融が全部通らないことは珍しいが原因は必ずある

消費者金融をいくつも申し込みしたのに通らないのはおかしい、これはその通りです。まずどういう人であっても必ずと言っていいほどひとつは通って借り入れをすることができるようになるものです。ですが消費者金融をいくつ受けても全部通らないということは夏あんり珍しいといえるでしょう。それにはいくつか理由が考えられます。

理由はひとつかも知れませんに複数かも知れませんので、一つ一つ「自分に当てはまるかもしれない」と思って見ていただけると助かります。まず一つ目が選んでいる業者です。審査が厳しいと言われている業者であれば、普通の人でもなかなか通らないことがあります。あえてそういう業者を選ぶのではなく、審査が甘めのところを選んだほうがいいでしょう。(参考ページはこちら→審査の甘い金融業者を探す

2つ目がブラックになっていないかです。昔任意整理をしたとか自己破産をしたというような場合には今もブラックになっている可能性があります。またブラックになっている可能性はそれ以外にも申し込みブラックという、申し込みを乱発することで起こる物もあります。どちらかになっていないかをよく見なおしてみましょう。

3つ目が収入などが圧倒的に不足していることです。自営業者に多いのですが、自営業を行っていると言いながら売上はほとんどないという場合にはそれは自営業ではなく無職と同じように考えられてしまうでしょう。ですので売上をある程度上げておかない溶けません。

この3つのうちのどれかひとつでも当てはまれば、まぁ落ちても仕方ないかなというレベルなので、改善してから挑むようにしましょう。

消費者金融に申し込んで審査が全部通らずの理由がわかりません

消費者金融にカードローンを申し込んで、審査が全部通らずに落ちる場合は、単なる契約書の記入間違いではなく、申込んだ全社で落ちるほどの理由があったということです。そして落ちる理由は豊富で全てを調べる必要が有ります。

まず住所とか電話番号を覚え間違いして、契約書に記入した場合は、審査は当然全社通りません。勤務先の住所も電話番号も覚え間違いをして記入しても駄目です。全部地図を広げて調べていますから、間違えればデタラメと判断して落とします。電話番号も電話して確認を取ります。(参考ページはこちら→意図的な虚偽記載も控えよう

そして在籍確認ですが、電話の対応が不味ければ、在籍確認が出来なかったということで、どこも審査で落とします。この場合は会社に言えないという問題が有るから、在籍確認をしないですむ契約方法で借りるしかないです。

他にはブラックだと当然審査で落ちます。返済を継続している、完済をしたは関係ないです。1回でも金融事故を起こしたら、その記録が信用情報機関に載ってある一定の期間が過ぎるまでずっと残ります。それで金融事故の条件ですが、債務整理をした場合や3ヵ月以上延滞をした場合、自己破産で返済を免責になった場合、返済をしないで逃げた場合などです。

債務整理や3カ月以上延滞をした場合は、その債務が完済されてから貸金業者系なら5年、銀行系なら10年はブラックの記録が残ります。そして自己破産の場合は、債務を業者が放棄するか、5年で消滅時効になって消えてから、貸金業系は5年、銀行系は10年は残るということです。

それで返済をしないで逃げている場合は、業者が債権の返済を裁判所に訴えれば時効が中断になって、その記録は債務が返済されない限りずっと残ります。

消費者金融に申し込んで審査が全部通らずの理由ですが、確実に分かる物が無ければ、とりあえずすべて検証して調べてみることです。分かる物が有っても、理由が他にも有るかもしれないということで、調べる必要が有ることには変わりないです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.