消費者金融のレイクは何故信頼できると言われていますか?

レイクは昔から存在している…それこそ、私がまだ子供の頃にもあった消費者金融ですよね?昔から存在している事を老舗と呼んで評価する事が多いですが、逆に言えば昔の評判の悪い頃から残っているという事で、むしろ何かあくどい事をして生き残っているのでは…と邪推しませんか?

こんな事を聞いているのも、私の親がレイクのカードローンを作ろうとしているから心配しているのです。私はすでに一人暮らしをしていて、はっきり言ってしまえばいくら親と言っても何をしても関係はありませんよね?でも、やっぱり自分の親が借金をしてもしもの事があれば、さすがに見て見ぬふりというのもできません。しかし、両親は「レイクは信頼できる業者らしいから大丈夫」と安心しきっています。

何故、消費者金融のレイクをここまで信用できるのでしょうか?何か変な事でも吹き込まれたのでしょうか?この両親の安心の理由が分かる方が居ましたら解説をお願いします。

銀行カードローンだからというのが最大の理由では?

なるほど、どうやら大きな勘違いをしている部分が存在しているようだね。レイクは確かに昔は消費者金融の大手の一社であって、多く人が使っていたし、同時に消費者金融のイメージの悪さの起因にもなっているサラ金の頃から存在している。そのまま同じような営業をしていたとしたら、お世辞にもオススメはできないし両親も止めるべきだろう。

でも、消費者金融というのは常に昔と同じとは限らないんだよ。というよりも、大手消費者金融はどこもかなりまともな営業をしているし、普通に使って返済していくなら、実は大体は銀行と大差も無かったりするんだ。しかもレイクの場合、実はもう消費者金融でもないというのは知っていたかい?これが大きな勘違いの正体ってわけだ。
(⇒今は銀行と消費者金融に差は無い?

レイクは今では消費者金融では無く、新生銀行のカードローンサービス名として存在している。だから消費者金融としてのレイクというのは実はもうどこにも存在しておらず、レイクの支店があるとしても、それは新生銀行の管轄下に置かれている。銀行が提供するカードローンなら、少なくとも消費者金融よりはイメージも良くなるだろう?消費者金融も今は普通に使える時代なんだけど、銀行カードローンの方が何かと良い面も多いというのは無視できないからね。

だから、キミの両親が安心しているのは、新生銀行のカードローンだから…じゃないかな?銀行カードローンなら基本的にほとんどの人が安心して使うだろうから、当然の感じ方かもしれないね。

【参考ページ】
金融業者では信頼できるところが選ばれる理由

消費者金融レイク信頼できる理由とポイントとは

近ごろでは、いつでも手軽にお金を借りられるようになりました。急な出張や旅行、突然の不幸などによって、まとまったお金が必要になる場合が日常生活の中でも起こりえます。

そのような時には、気軽に借りることのできる消費者金融が非常に便利なのです。消費者金融にはさまざまな会社がありますが、その中でもレイクはテレビのコマーシャルなどでもよく目にするほど知名度も高く大手の会社ですので、安心して借りることができます。

この消費者金融レイク信頼できる理由とは、申し込みから審査結果が出るまで非常にスピーディーで、急いでいるお客様がその日のうちにすぐにお金を借りることができるシステムとなっている点です。申し込みは、電話の他にもインターネット上で24時間受け付けていますので、仕事が忙しくなかなかゆっくり申し込む時間がないという人にとっても、夜間や早朝など時間に関わらず申し込むことが可能なのです。

さらに、消費者金融レイク信頼できる理由には、返済方法の自由度が高いという点も挙げられます。毎月一定額を着実に支払う方法の他にも、お金に余裕のある月には増額返済や一括返済なども可能なのです。お客様の都合に合わせて柔軟に対応していますので、臨機応変に素早く対処することが可能なのです。
(⇒主なサラ金の返済方法

また、申し込み後の審査の際に、審査結果連絡と在籍確認のために、勤務先に消費者金融会社から電話をする場合があります。お客様の中には申し込みの事実を誰にも知られたくないという人も多く、周囲に気づかれてしまうのではと心配する人もいるのです。しかし、電話連絡は会社名を名乗ることはなく、必ず個人名でかけますので、同僚や上司にばれることも不審に思われることも一切ありませんので安心して申し込めます。

このように、消費者金融レイク信頼できる理由とポイントは数多くあるのです。常にお客様の立場に立ってより利便性の高いサービスを追求していますので、多くのお客様から強い信頼と満足度を得ているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.