ここには気をつける消費者金融で借りるために

初めて消費者金融から借入するんだけど、一体何に気をつけたほうがいいか教えて?

利便性が高い分、借り過ぎに注意!

誰でも知っているとは思いますが「借り過ぎ」にはやっぱり注意です。一番は審査の甘さにも問題があるかな。とりあえず新規に申請したもののほとんどが通るんです。簡単に借入できると分かれば、借入することに抵抗なく、また他のカードへ新規の申請をして借入れしてしまう。(参考ページはこちら→消費者金融の審査はあまりにも簡単?

しかもまとまったおカネが10~30万入ると、商品も高額なモノを買いたくなる。返済もカード一枚当たり1万5000だったり、もう少し低い額での返済も可能。だから複数カードを借入している人なんかは、返済に負担がないからと○百万も借金している人がいるとか。

これって消費者金融から借り入れし始めると、誰でも考えなきゃいけないことかも。総量規制なんていう法律もあって、借り過ぎ防止に年収の3分の1よりそれ以上は借入出来ないようにはなっているんですが、一度使い勝手が良いと分かってしまうと、クレジットカードにも手を出してしまうらしく、なかなか自制が効かなくなってしまう…らしいのよ。

消費者金融はクレジットカードを使うより金利も低いし、まとまった現金を借入するにもクレジットカードより多く借入れすることができるの。そして、自動車の購入などは総量規制の対象外でもあるので、ものすごく高級なクルマも借入で購入できたりして。使い安さを追求したらローンカードほどウマい話はないわけよ!だから、何ども言うようだけど使い注意して

ここには気をつける消費者金融のポイントってある?3つあります

ここには気をつける消費者金融のポイントとは、金利と返済方式と完済・部分返済です。消費者金融からキャッシングしたお金には金利が付きます。返済時は元本返済分と金利に応じた利息を支払います。返済時の負担を考えるなら、金利は低いほうが良いです。大手消費者金融の金利は、各社大きな違いはありませんが、大手以外では金利にバラつきがありますので、中堅消費者金融に申し込む場合、注意しておきましょう。
(⇒中堅消費者金融の最大の特徴と言えば?

消費者金融の返済方式はリボ払いです。リボ払いは種類が多く、先に利息をたくさん支払う方式もあれば、割合に応じて支払う方式もあります。毎月、一定額支払う事に違いはありませんが、内訳が違います。ですので申し込む前に返済方式を確認しておいてください。返済方式を理解すると、返済計画が立てやすいです。賢く返済計画を立てる事ができれば、返済時に行き詰まる事が少なくなります。返済時のリスク管理のために、リボ払いを少し勉強しておきましょう。

完済・部分返済方法を確認しておきましょう。完済・部分返済すると将来利息をカットできます。将来利息とは、通常の返済方法ではカットできない将来の利息を指します。事前に完済または多めに返済しておけば、1年後、2年後の利息を支払う必要が無くなります。メリットは利息の節約です。生活費に余裕が生まれる月もあるはずです。その月に多めに返済して利息の支払いを節約するために返済方法を確認しておきましょう。

一括完済の場合、前回の返済日からの利息、現在の元本の計算が複雑なため、借り入れ先に問い合わせる必要があります。問い合わせ先の確認程度は行なっておきましょう。一括完済する際には、明細書は保管しておいてください。この理由は振り込む金額が大きいためです。後でトラブルとなった時、明細書が無いと大金を振り込んだ証明が出来ません。ですので大きな金額を振り込む際には、証拠を保管しておいてください。
(⇒複雑な利息の計算をできるだけ分かりやすくする

金利、返済方式、完済・部分返済はポイントとして押さえておいてください。どれも返済時の事です。賢くキャッシングするためには、賢く返済する必要があるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.