消費者金融の金利規制はどういう影響が出た

キャッシングベスト3

金利の規制っていうのは具体的に消費者金融をどう変えた?

消費者金融やその業界を大きく変えたとされる金利の規制ですけれども、これ自体はどういうふうに金利の規制というのは影響を与えたのでしょうか。金利の規制が行われた時から今まで、何が変わったのでしょうか。あまり目に見える変化っていうのはなかったように思うのですが…

大きな業者もつぶれ中小業者はほとんどなくなってしまった

金利の規制に関しては本当に大きな影響を消費者金融業界に与えたと言われています。もちろんそれだけが理由というわけではありませんが、実は金利の規制をしたおかげで大企業も、そして中小企業もたくさん潰れてしまったのです。特に中小の業者については合併や売却などが進み、かなりの数がなくなりました。
(⇒今でも残る中小消費者金融の強みとは

どうしてなくなってしまったかという話としては、最も大きな影響を与えたのは過払い請求だったのですが、過払い請求もこの金利の規制というものから生み出されたものです。金利をここまでしか設定してはいけない、そしてそれ以上の支払いをした場合は自動的に返済されるというように設定されたため、それが原因で過払い請求を多くの業者がされたわけです。

お陰で返金をするための現金がなくなってしまい、大手の業者まで潰れてしまいました。もしこれが返金をしても何とか今までの金利で貸出ができるのであれば続けていたという業者もあったかもしれませんが、それもできなくなってしまいました。八方塞がりになってしまったために、多くの業者が倒産を選んだのです。

最近はその影響から銀行系カードローンというのも出てきてはいますが、銀行系カードローンが出てきても結局は今までのような高金利での貸出はできず、金利は低いままです。利用者としては嬉しいですが、その分審査も厳しくなっているので、通らない人も少なくありません。今までの消費者金融だったら借りられた人が借りられなくなっているのも大きいです。

このような銀行系カードローンが出てきて嬉しい人もいる反面、今まで借り入れできていた人ができなくなったという人もいますから、金利の規制に関する法律というのは大きな影響を与えたというわけです。

消費者金融には総量規制の対象ですがアイフルは低金利でおすすめ

生活資金の不足に対応できるように、消費者金融業者からお金を借り入れる方も多いと思います。消費者金融からお金の借り入れを行う場合に気になる点は、金利がどのくらい付くのかとい点と言えるでしょう。

数ある消費者金融業者から借り入れを行う会社を選ぶときには、少しでも金利の低い金融業者から借り入れたいと考えることが消費者心理と言えると思いますので、金利の設定は金融業者を選択する上で大きな要素となるでしょう。また、貸金業法が改正されたことによって、各金融業者が設定できる金利は最高で20%までとなっています。銀行法と異なり貸金業法の場合では、年収の3分の1以上の金額を借り入れることができないので、融資を受けることを検討している人にとっては総量規制のことを考えながら借り入れを行わなければなりません。

利息の低い消費者金融のキャッシングとしておすすめしたい会社は、アイフルがあります。アイフルはCMでもお馴染みですし、親しみを持っている方も多くいらっしゃると思います。

アイフルの金利は実質年率で4.5%~18%ですので、消費者金融業者の中で低く設定されていると言えるでしょう。アイフルの借り入れは年齢が20歳から69歳まで申し込みをすることができて、最高500万円まで利用できるキャッシングとなっています。アイフルの審査は非常にスピーディに行われますので、ホームページか電話で借り入れの申し込みを行えば最短30分で審査の結果が出ますので、平日の午後2時10分までに契約の手続きを済ませることができれば即日融資も可能です。

アイフルには女性専用ダイヤルのレディースアイフルのサービスも行われていますので、女性の方にも積極的な融資を行っていて、女性の方も安心して借り入れの相談が行えるようになっています。ホームページ上には1秒で簡易的な審査を受けることができるようにもなっていますので、事前に利用しておくと申し込みの際に安心できるのでおすすめです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.