消費者金融の総量規制が緩和されることは?

キャッシングベスト3

消費者金融にかかっている総量規制が緩和されることはありますか

先日のことですが、自民党が貸金業法の緩和を検討しているという報道が出ましたが、具体的にはどのようなことなのでしょうか?

確かに最近は貸金業法の規制で雁字搦めにされている面は否めない

規制は大きな所で二つあるわね。金利を20%以下で設定すること、そして、もう一つが、総量規制として、年収の1/3以上はお金を貸すのは禁じている事よ。

最近出た報道では、総量規制を撤廃することを軸としているとのことで、破産宣告も減っているという効果を上げている総量規制をいきなり撤廃してしまうという事は、本当にやる気があるのかという疑問が湧いてくるわね。確かに、年収の1/3という規制は厳しすぎないかという話は前々からあったわけだけれども。もっと重要な法案の審議があったから、ストップしていたという状況があるのね。
(⇒破産宣告は何故しなくてはならないのか

しかも、前の規制の状況に戻すという話も急浮上しているわ。前の規制の状況というのは、上限金利は29.2%までとする。というのが、そうなんだけれども、最高裁で20%越えの金利というのは、否定する判決が出ているのね。これを見直して、一気に戻してしまうというのは、どうなのかと思うのね。

金利を上げてしまうというのは、確かに、金融業者は貸し倒れるリスクは減るかもしれないけれど、29.2%にまで戻すというのは、反動が大きすぎて、現実的じゃないと思うのだけれども…どうなのかしらね?

消費者金融の総量規制を緩和した結果を考える

最近ではこれまで以上に多くの人が消費者金融などの金融機関を活用してより豊かな生活を送ろうとしています。こうした金融機関のメリットとしてはいくつか挙げることができます。

1つ目のメリットとして、好きなタイミングで好きな時間にお金を借り入れることが可能になる点です。通常の銀行などの金融機関では営業時間が限られ、その時間内でないと融資の申し込みをすることはできません。一方で消費者金融などの金融機関は、街中のいたるところに無人契約機を設置していることから、いつでも好きなときに融資の申請をすることが可能になります。また、契約後は24時間営業のコンビニエンスストアーで好きなときにお金の借入が可能になります。また、携帯電話のスマートフォンを通じても融資の申し込みが可能とされ、まさに好きなときに好きなタイミングでお金の借入が可能になっています。

2つ目のメリットとして、多くの金融機関が無担保で融資をしてくれる点です。銀行などの金融機関で融資をしてもらう場合は貸し倒れを考慮して土地や建物などの資産に対して担保権を設定するのが通常ですが、消費者金融などでは多くの企業でこうしたことは行わず無担保でお金を借り入れることが可能になっています。また、それに合わせて無保証人のところも多いこともメリットといえます。
(⇒無担保融資の特徴について

一方で、担保を取らない分それに関する貸出金利は通常の銀行などの金融機関よりも高めに設定されているところがほとんどです。消費者金融は、金融緩和策により総量規制を見直される可能性がいわれています。総量規制とは、貸出人の年収の一部分までしか借入ができないと言う規制のことですが、これにより多くの人がお金が借りられないと言うケースが多くありました。それでは、お金が市中に流通しないため、総量規制の緩和を行うことで、より多くの人に多くのお金を借入できる体制を整えて、市中にお金が循環して景気が回復するようにしているのが金融緩和策といわれています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.