金利もあるから利用枠があるんじゃない

キャッシングベスト3

なぜ消費者金融に利用限度額がある

消費者金融に利用限度額があるのはどうしてよ。ちゃんと返済しているし。

総量規制の関係かしら

消費者金融で利用限度枠があるのは総量規制の関係でしょう。総量規制って年収との関係でその規制以上に借入れできないようになっているのよ、原則ね。でも使用用途によるわよ。住宅ローンや自動車のローンでは総量規制から外れるわ。そして法人や個人事業者向けのローンカードの場合も年収を超えて借入れができるの。
(⇒事業者向けの融資サービスについて

利用限度額が設けられているのは、金利の関係もあるわね。消費者金利で借入れするにしても金利がそう低いわけではなし、そんなにノンバンクでなんども借入れしていて、なんども完済しているのであれば、銀行での借入れでもいいかもよ。

銀行であれば高額融資や低金利での借入れも可能だし、それだけ審査も通るもんなら銀行がいいわよ。しかも金利も低いし。高額の融資を受けるのも可能だし。消費者金融で利用限度枠が厳しいのはそれなりの理由があって、融資を受けるのはそう難しくないけれど、利息を元金以上にかけられたもんだから、返済の出来ない人が続出したの。
(⇒結局銀行か消費者金融かならどちら?

消費者金融のいいところは、利用枠内で何度でも借入れできてしまうところだよね。だから別にカードを複数持っていれば利用限度枠内で何度も借入れして返せばいいんだけど。それに、すぐ融資を受けることができるし。一枚のカードにこだわらず、複数もっても返済の負担にならないのであれば、いくつか持ってもいいんじゃない。

消費者金融のカードローンの利用限度額を上昇させる方法

消費者金融のカードローンの利用限度額を上昇させる方法はふたつあります。それは審査の申し込みにおいて、高い支払い能力を示すことと、カードローンの利用中において、支払い能力を維持し続けて増額の審査を申し込むことです。消費者金融のカードローンの利用限度額を増やすためには、主にこのふたつの方法を行うことが必用になります。

カードローンの利用限度額は、最初の審査により決まります。これは支払い能力が高ければ高いほど、限度額が高く設定されるのです。支払い能力とは、年収と勤続年数で決まります。そのためより高額で利用したいのならば、年収を高くする必要があるのです。また勤続年数が重要になるのは、カードローンは何度も借入や支払いを行うために、長期間の利用を行うことになります。そのため長い間高い支払い能力を維持するためには、勤続年数が長いほど安定した収入を得ていると想定することができるので、この先も一定の収入があると仮定することができるからです。

最初の審査において、限度額が少ない場合でも、カードローンの利用中に増額の審査を申し込むことができます。これは利用開始から約半年ほどの期間が必要であり、また増額の審査に通るためには、その半年間の利用方法に気をつけなければなりません。(参考ページはこちら→増額するには時間も必要になります

増額の審査に通るためには、カードローンを使用し続けなければなりません。これは支払い能力を示し続けるために必要なのです。利用をしていないのならば、どの程度の金額ならば、安定して返済を行うことができるのか、ということを確認することができません。なので半年間は利用し続ける必要があるのです。

またこの期間中には、支払い期日を守り続けることが重要になります。一度でも支払い期日を破ってしまった場合には、かなりの信用度のダウンにつながってしまうのです。なので増額を狙っているのあらば、出来る限り無理の無い返済計画を立てる必要があり、そして信頼度を上昇させる必要があるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.