消費者金融の借金があると車ローン厳しい?

キャッシングベスト3

消費者金融に借金があった場合の車ローンはどうなる?

消費者金融に借金があるんですけれども、こういう場合には車ローンというのはどういうふうな扱いになるんでしょうか?車ローンを組むときにも「消費者金融の借金はどのくらいありますか?」と聞かれたりして、正直に答えないといけないとかあるんでしょうか?

もしそうだとしたら今借り入れをしている私は結構損をしてしまうんじゃないかなと思うのです。今の消費者金融の借金と車ローンというのはどういうような関係になっているんでしょうか

自動車ローンも大きな借金があると組めない場合もある

自動車ローンという性質上、絶対に消費者金融からの借り入れがあると組めないようになるということはありません。少しくらいの借り入れがあったところで気にせず借りることはできるでしょう。これは自動車ローンというものが自動車を担保にして貸出をしているような形をとっているためで、必ずしも借金があると組めないわけではないのです。その代わり、金額が大きいとその限りではありません。
(⇒車を担保にして現金借入はできる?

車ローンであってもやはり気になるのは「返済するという条件に沿った形で返済をされるかどうか」という点です。車ローンでは返済をされないということが一番困りますから、返済をするためのお金を十分持っているかという点を気にします。そうなると、他に消費者金融からの借り入れがあれば、そちらの返済もしなければならないわけで、結果的に返済されなくなる可能性も高くなります。

だから返済するだけのお金を沢山持っている、他に返済や支払いをしなければならないという状況が少ない人ほど、借り入れをしやすいようになっているというわけです。借金が少ないほど車のローンに通りやすい、他のローンが組めるというのはそういう仕組みになっています。ただし、それなりの金額ならば消費者金融と共存することも可能です。
(⇒融資は借りていればいるほど不都合も多い

それなりの金額というのは簡単にいえば両方共に払って十分生活出来るだけの金額、というだけです。借入額が大きくなればなるほど支払金額も大きくなってしまいますから。だから大きな金額ではなく、車のローンも払えて消費者金融も返済できる、そんな金額なら問題ないのです。

消費者金融に借金があると自動車ローンは借りられないの?

総量規制と言う規制ができてしまったおかげで、消費者金融に借金がある場合、自動車を買おうと思っても自動車ローンを組むことができないと思っている方も多いようですが、それは根本的に間違った考えです。

総量規制と言うのは、年収の三分の一までしか借金をすることができないと言う規制ですが、この規制の対象は消費者金融会社等であり、銀行は対象外です。そして、自動車ローンは一般的に銀行等で借りることができるローンですから、この総量規制の対象外となるのです。

自動車ローンは目的別ローンと呼ばれるローンの一種ですので、カードローン等の無目的ローンよりもはるかに安い金利でお金を借りることができます。しかし、金利が低いと言うことは、それだけ審査が厳しいことを意味します。

お金を貸し出す銀行としては、この人にお金を貸して大丈夫かな?と言う観点で相手を見ていますから、信用のおける人ほど金利が低いことになります。つまり、銀行の自動車ローンに通る人は、信用力の高い人になるわけです。

そして、借金をしていることは、銀行が審査を行っている時点で分かります。日本では個人信用情報は業界ごとに管理会社が違っているので、従来ならば、消費者金融の借金の情報は、銀行には伝わらなかったのですが、現在では銀行は個人保証業務を消費者金融に委託しているので、借り入れが有ることも分かってしまうのです。(参考ページはこちら→融資の信用情報が集まる場所

ここで大きな借金があれば、自動車ローンの審査を通過することは難しいと考えた方がよいでしょう。しかし、それほど大きな金額を借りているわけでもなく、しかも毎月の返済がきちんとなされていて、延滞などがない場合には、その人の信用力が上がることになりますので、十分に審査に通る可能性があります。

但し、消費者金融からお金を借りていて、尚且つ自動車を購入するためにローンを組むとなると、二重に返済をすることになり、毎月の返済額が高くなりますので、利用をするときはきちんと計画を立てて、無理のない返済ができるように気を付けることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.