消費者金融でローン通らないことになる?

キャッシングベスト3

ローン通らない人は消費者金融の利用と関係がある?

様々なローン通らない人というのがいます。私の知人でも住宅ローンに自動車ローン、そして最近だとフリーローンにすらも落ちたというように聞いています。消費者金融の利用がきっと関係しているんだと言っていましたが、そんなに消費者金融の利用とローン通らないことが大きく関係しているのでしょうか?

友人が不憫に見えてくるので、何とか通るようになってほしいとは思っているんですが、どうしたらいいのかアドバイスも出来ないので教えてもらえればと思います。

友人の消費者金融はローン通らない理由の一つになるだろう

もちろんすべてを見ているので「ローン通らないのは消費者金融を利用しているから」なんて言えるわけではありませんが、そういう理由になり得る使い方をしている可能性は高いかな、と思います。様々なローン通らない理由にはいろいろあるんですけれども、借金というのもそのうちの一つです。

例えば大きな借金をしているかどうかというのも関係しています。友人の方が大きな借金をしていたら、それがメインの理由になりえます。例えば枠いっぱいの借り入れをしている、総量規制の上限まで借り入れをしているような場合には、それが原因でローン通らないということになるでしょう

もしそうではなく5万円くらいの利用しかしていない、というのであれば、後は年収が関係しているかと思います。年収が低すぎると住宅ローンや自動車ローンでは審査すらもしてもらえなくなるということがあります。住宅ローンと自動車ローンは大きな金額を貸し出しし、しかも長い間返済に時間がかかるということもあって、なかなか年収が低い人にはハードルが高いのです。

年収を高くすれば簡単に通るようになりますが、おおよそで年収300万円くらいは超えておきたいところです。そのくらいのお金があれば、年収が低すぎるということは考えられないと思いますし、ちょっとした住宅ローンくらいなら組めるようになるでしょう。何にせよ消費者金融の借金がどのくらいの額なのかによって影響しているかどうかも変わってくると思いますので、まずはその額を見てみるのがいいでしょう。

【参考ページ】
消費者金融から借りていると他のローンはどうなるの?

消費者金融のローン通らない人の特徴とローン難民脱出方法

消費者金融のローンが通らない人には特徴があります。具体的には利用履歴が悪い、利用履歴が全くない、借り入れ総額が多い、申し込みすぎなどです。
(⇒何故申し込みすぎで融資を受けられなくなるの?

利用履歴とは、過去と現在のローン履歴の事です。このローン履歴ですが、データが登録されています。データは個人信用情報機関に登録され、一定期間後、データは削除されます。ローン履歴の中に長期の延滞、債務整理などの金融事故などがあると、消費者金融のローン通らない確率が高くなります。もしくは通りづらくなります。延滞があれば、すぐに返済しましょう。金融事故を起こした人は、時間の経過を待つか申し込み先のハードルを下げましょう。

利用履歴が全くない人は(例:カードローン・クレジットカードを一度も使った事がない)、消費者金融の審査で敬遠される恐れがあります。消費者金融は審査の際、申込者の借り入れ・返済のデータを参照しますが、参考となるデータが無ければ、どのような借り入れが行われるか予測できません。よくわからない人にお金を貸したくない気持ちと同じです。このような方は、取得しやすいクレジットカードを作成し、何度か利用し履歴をつくる事で改善できます。

借り入れ総額が多い人は、返済能力の低下と見なされます。結果、ローン通らない事になります。また、総量規制の年収の3分の1まで借り入れしている事も考えられます。相手が貸金業者の場合、年収の3分の1以上は借り入れできません。思い当たるフシがある人は、借り入れ先と借入総額を減らした上で申し込みましょう。

消費者金融に申し込み過ぎる人は、ローン通らない状況が続きます。申し込みブラックと呼ばれる現象です。申し込みデータも個人信用情報機関に登録されるため、審査の際に調べられます。何度も申し込みする人は、お金に困っていると見なされやすく、返済能力が疑われやすいため、断られる頻度が高くなります。こちらは6ヶ月ほど様子を見た後、申し込みする事でローンに通る確率を高くする事ができます。

金融サービスは、基本を押さえた上で申し込めば、審査に通りやすくなります。確実に通るとは言えませんが、以前よりスムーズな借り入れが期待できます。見直しと改善を実践してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.