消費者金融で借入を断られる事はあるの?

キャッシングベスト3

消費者金融で借入などを断られる事はあるの?

消費者金融と言えば、誰にでもお金を貸すというイメージがあります。実際のところ、借入を断られる事ってあるのですか?

借入を断られる場合も、状況によってはあります

改正貸金業法により、消費者金融での借入は厳しくなってきています。これは何故かと言うと、利息が儲けの消費者金融でも利息の上限が20%までと決定されてしまった事。そして、昔は50万円まで貸せましたが、現在では契約者の年収の3分の1までの金額の範囲内で貸付を行わないといけなくなった事。などの背景があります。そのため、現在の消費者金融では、新規で申し込んでも3人中2人は借入を断られる。という事態も発生しています。だから借入を断られる事も、状況によってはあり得ます。また、どんな人が融資を断られるのか?という事も気になるポイントだと思いますので、消費者金融で借入を断られる人の特徴も順番に紹介していきましょう。
(⇒総量規制により消費者金融の融資には制限があります

まず、絶対に断られるパターンは、本人が無職である場合です。「えっ、無職でも借りられる企業だってあるじゃーん!嘘つき!」という声が聞こえてきそうですが、無職で借りられる人は限られています。本人が専業主婦などで収入はなくても、配偶者に収入がある場合などです。つまり、配偶者が失業してしまったら、借りる事が出来ません。そして次に、ほとんどの場合断られるのが、ブラックの方。つまり、以前に別の会社から借りたお金を、返していない方。そして1ヶ月以内に3社以上の諸費者金融に申込み、暴力団などに所属している方。

また、勤務先があっても、無断欠勤が続いているなど、勤務態度が著しく悪い事が在籍確認の電話で発覚してしまった方。そして勤務先が消費者金融、つまり競合他社に勤めている人物も断られれます。ここまでは「断られる人」として、割とイメージがしやすいパターンだと思います。しかし、次のような人も意外にも、断られる事があるのです。まず、金属年数がやたらと短い人。すぐに辞めて無収入になってしまうかもしれない、という不安から断られる事があります。そして本人は延滞の記録などがないのに、同居家族がブラックという人。延滞者が借りるために、影武者を立てていると思われてしまう事があるかもしれません。また、収入は低いはずなのに、やたらと賃料の高い家に住んでいるという不思議な人。

それと意外に感じるかもしれませんが、連絡がとりにくい職業に就いている人も断られる事があります。連絡がとりにくい人は、延滞や督促が発生した場合に、連絡に応じてもらえないかもしれない。という不安がつきまとうためです。以上が断られる可能性のある人、です。しかし実際には、断られた時に理由を教えてもらえる事は、まずありません。だから断られるという人は、融資を断られた理由を探る。と言うよりも、「お金に困っている」という現状を打破するための方法を考えた方が手っ取り早いでしょう。例えば他社に借入がある人で、毎月の返済がままならず、利息しか入金できない人。このような場合は仕事を増やして収入アップする、もしくは毎月の返済額を減額してもらい、無理なく元金を減らせるようにする。などを検討する必要があります。

消費者金融で断られるのってどんな場合なの?

消費者金融からお金を借りたい場合、まずは消費者金融へ審査の申し込みをして、それを通過しなければなりません。審査と聞くと、自分はもしかしたら審査に通らないかもしれない、と申し込みを躊躇ってしまうひともいるかもしれません。消費者金融で断られる、すなわち審査に落ちてしまうのは、一体どんな場合なのでしょうか

そもそも消費者金融が審査を行う理由は、貸し倒れのリスクを低減するためです。お金を貸したまま返してもらえなかった場合、消費者金融は多額のお金を失うことになり、非常に困ってしまいます。そこで、信頼できない人へお金を貸すことを避けるために、審査が行われるのです。審査は、過去の債務情報などが記録されている信用情報や、申し込みの際に提出した住居や勤め先などを記した書類を参考にして行われます。重要なのは、過去に返済の遅延などの金融事故を起こしていないこと、また、安定した収入が継続的に得られる環境で働いていることです。

安定した収入が継続的に得られることは、返済能力が高いという判断につながります。そのため、自身の裁量で収入が変化する個人事業主や自営業と比べると、会社勤めで毎月決まった日にちに決まった給料が振込まれるサラリーマンの方が審査の上では有利になります。また、年収は多いけれど勤め先を転々としている人の場合、平均的な年収で勤続年数が長い人の方が、審査ではよい印象を持たれます。

このように、安定していることが審査では重要視されます。そのため、働いていない無職の状態で審査を受けても、収入がない=返済能力がない、と判断されて落ちてしまいます。また、過去に長期延滞や代位弁済、債務整理、自己破産などの金融事故を起こしたことのある場合、審査を通過するのは非常に難しくなってしまいます。ただし自己の内容が延滞のみの場合、申し込みの段階で過去に延滞してしまったという経緯を正直に話すことにより、隠しているよりも審査通過の可能性が上がるケースもあります。その際、延滞は既に解消していることを説明できる資料が必要になる時もあるので、事前に準備しておくと安心です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.