レイクって消費者金融じゃないんですか?

キャッシングベスト3

レイクって消費者金融じゃないんですか?

「レイク」といえば、、今でも街中に無人契約機があるような、消費者金融だというイメージがありますが、実は違うんだと最近知りました。どの辺が違うのでしょうか?

確かに、「レイク」は消費者金融風な営業形態をとっている

けれど、消費者金融だとはいえない会社よね。いや、正確には、「レイク」と言う会社は存在しないのよね。レイクの公式ページから、会社概要のリンクをクリックすると、不思議な事に、新生銀行のページに飛ばされてしまうわ。

それは、2011年10月からレイクは新生銀行の傘下で事業を展開するようになったからよ。新生銀行でお金を借りたいと申し出たならば、恐らく銀行の人は、レイクのパンフレットを差し出すのではないかという状況になったということよ。

それまでのレイクっていう会社は。新生銀行グループの新生フィナンシャルという会社が運営していたの。その当時は、消費者金融として貸金業法の下で事業を行っていたわ。でも、新生銀行の一部となってしまったことで、銀行に適用される法律=銀行法が適用になるわけ。

貸金業法には、いくつか足枷があったことで知られているわ。その一つが、総量規制と呼ばれるものね。多重債務者を増やさないためだという目的があるにせよ、年収の1/3以上を貸し付けてはならないというこの規制は、貸金業法の下で業務を行うには、かなりきついものであると言えるのではないかしら?しかし、不思議なことなんですが、なぜ「新生銀行&レイク」に続く業者っていうのが出てこないのかしらっていう事ね。
(⇒多重債務ってどんな状態?

現在のレイクが消費者金融じゃない理由とは?

レイクという名前は消費者金融の企業名として広く知られてきましたが、現在は新生銀行が提供している個人向けカードローンのブランド名として使用されています。新生銀行が名前を買い取って使用しているからであり、銀行カードローンとして分類されています。つまり現在のレイクは、消費者金融じゃないという事になります。
(⇒銀行か消費者金融か分からなくなったらこちらを確認

銀行カードローンは、銀行本体が行っているカードローンという意味です。現在では大手の消費者金融の多くは銀行グループに所属してサービスを行っています。これらは銀行系消費者金融という新しい金融機関として認識されていますが、貸金業者である事に変わりはありません。このために、これらの業者が提供しているカードローンは貸金業法という法律により規制されています。
(⇒主に規制されているのは限度額?

レイクは銀行カードローンであり、貸金業法の対象ではありません。銀行法という別の法律により規定されているからです。貸金業法により規制されないという事から消費者金融系の業者の商品とは異なった魅力を持っているカードローンです。

レイクは国内に居住している満年齢20歳から70歳までの安定した収入を得ている人を対象としたカードローンであり、申し込み時に必要となるのは運転免許証等の身分証明書だけです。希望額が100万円以内であれば、収入証明書や源泉徴収票等の身分証明書は不要です。この事から審査において重視されるのは、年収よりも借入残高という事になります。
(⇒融資可能な年齢は業者毎に変わります

様々な業者が異なった内容のカードローンを用意していますが、借りた金額に利息を加えて返済するというルールは共通しています。このために借入残高が大きくなるほど返済している金額も多いということであり、審査に通る可能性は少なくなっていきます。

レイクの独自のサービスは、2種類の無利息期間を用意しているという事です。借入額全体に対して30日間無利息と借入額の内の5万円に対して180日間無利息という内容です。無利息期間の間に返済した金額については、利息は1円も発生する事がありません。金利が高いというカードローンのデメリットを解消できるサービスです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.