消費者金融で千円未満のお金を指定できる?

キャッシングベスト3

消費者金融で千円未満のお金を借りる方法を教えて!

消費者金融って、千円未満のお金を借りる事ができませんか?可能ならその方法が知りたくて、ご質問させてもらっています。

私は配管工をしておりますが、小規模な会社の為にあまり給与が良くありません。でも他に転職する先も無いし、仕事を辞めるとそれこそ最低限の生活をする収入すら無くなってしまうし…という事で、今の状態に甘んじています。でもこの状態でも生活はギリギリでして、アパートの家賃と光熱費と食費による生活費を給料から捻出すると、ちょっと羽目を外して遊ぶだけでもお金が足りなくなります。足りないお金をどうするかと考えて、消費者金融のカードローンが気になっているのです。

カードローンを使いたいとは言っても、高額融資を受けたいわけじゃありません。足りないちょっとした食費とかに使うくらいなので、この細かい分だけ借りられれば良いです。ちょっとしか借りないなら金利だって微々たるものだから、千円以下までしっかりと計算して借りたいのですが…出来ますか?

最低でも千円単位での引き出しになっていますよ

明日給料日だけど今日の夕飯代が足りない…なんて時には、確かに千円以下の出費で収まる事もあるっすね。一日くらいは食事を抜いてもなんていう意見があるっすけど、配管工って結構体力が必要だと思うし、それで食事を抜くなんて致命的っすからね。ほんのちょっとだけ借りてそれこそ数日以内には返す!っていうのなら、千円以下まできっちり計算するのは賢いやり方っす。

そのやり方に消費者金融がついてきてくれるかどうかが最大の鍵っすけど…千円以下って当然硬貨対応って事っすよね?で、銀行口座からお金を引く時の事をとりあえず思い出してもらいたんすけど…ATMから口座預金を引く場合、硬貨は出てこないと思うっす。もしも硬貨が欲しい場合、窓口に行ってちょっと面倒な手続きをしないと完結しないっすよね?

同様に、ATMを使って現金を引き出す消費者金融は、千円以下の融資にはまず対応していないんすよ。というか、千円単位での対応もむしろ良い方っす。消費者金融によっては一万円単位の引き出しになったり、カードローンじゃなかったら十万単位なんて事もあり得るっす。硬貨は借りるだけじゃなくて返済する場合も結構大変で、ある意味では便利なカードローンの数少ない悩みどころと言えなくも無いっすね。

どうしても硬貨単位で使いたいっていうのなら、千円単位で一度借りておいて、余った硬貨は硬貨対応のATMから返済…なんて方法もあるかもしれないっすけど、手間とかを考えると後で普通に一括で返す方が良いかもしれないっすね…。

【参考ページ】
細かく計算して融資を使うならこちらをチェック

消費者金融での借り入れ残高が千円未満の場合

消費者金融での借り入れ残高が千円未満の場合、その借り入れを終了したほうが良いと言えます。これにはいくつか理由があい、まずは新たな借り入れをする際にその借り入れが難しくなる場合があります。特に住宅ローンなどを組む際には、その審査が通らずに借り入れができないというケースが考えられます。

消費者金融でいくら残高が千円未満の場合であっても、借り入れをしてたあるいは借り入れをしていることに変わりはなく、さらに借り入れができる限度額が相応にあれば、実際今いくら借りているかよりも借り入れの限度額つまり与信枠を見て、他社は貸すかどうかの判断をするからです。このため、新たな借り入れのハードルが高くなるので、速やかに消費者金融などの借り入れは返済をしたほうが良いということになります。まして何十万円も借り入れていたのであればともかく、千円未満という端数とも言ってよい金額ですから、返済はすぐにやればできるので、全額返済の後にカード自体も解約をした方がいいと言えます。

千円未満の返済はそれよりも大きい額であれば銀行のキャッシュコーナーやコンビニエンスストアのATMコーナーで可能ですが、額が端数の場合にはそういったところでの返済は厳しい場合が多いので、貸してくれている消費者金融会社に端数を返済したいことと、その端数を返済後にはカード自体も契約を終了したい旨を伝えれば、どう対応すればいいのかを説明をしてもらえることになります。
(⇒今時の融資はコンビニから簡単に使えます

大抵の場合では、端数について銀行系のカードローンやその銀行の系列の消費者金融などでは、窓口に行ってその窓口で返済を行い、さらに返済が窓口で完了したことは当然ですが相手も分かっていますから、そこで契約終了の解約申込書などを記載することになります。その解約申込書を提出し、カードそれ自体も返却をして契約は終了となります。なお、信用情報会社における情報の削除には一定の時間がかかると見られるため、次の借り入れまで多少の時間はあけたほうがいいと言えます。(参考ページはこちら→信用情報会社とは?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.