金融機関で10万借入の金利相場を知りたい

キャッシングベスト3

消費者金融で、10万円を借りた時の金利の相場ってどれくらい?

彼女へのプレゼントをするために、一回だけ消費者金融を利用したく思っています。しかし、気になるのが利息分です。

友人は、10万なら友人や親頼みで乗り切れと言うのですが、私としては個人の問題にして気持ちよくプレゼントしたいと思っています。お願いです、10万を借りた時の金利の相場を教えてもらえないでしょうか?
(⇒お得と言える金利の相場について

消費者金融や経済状況で変化しますので具体的に考えてみましょう

まず、法定金利が大前提として存在しています。借りたお金が10万円未満ならば20%未満、10万円から100万円未満ならば18%、100万円以上ならば15%という具合です。消費者金融大手は、概ね5%から18%で設定しています。基本的に、額が小さいと消費者金融サイドとしては、儲けが薄くなるので、金利の相場は高めになります。「18%前後」だと見積もって間違いありません。

逆に、14%などを謳う消費者金融があったならばラッキーと手を伸ばしがちですが、それには理由があるのです。実際に会社を訪問すると、25%の会社でしか借りられないと言われて渋々契約という事例が数知れず存在しています。需要と供給のバランスはマネーにも反映されています。つまり、相場はある程度の範囲で決まっているというのが実態なのです。さらに大手は無利息キャンペーンなどを行っているので上手く利用すれば、短期返済という条件付きですが、さらにお得にする事も可能です。

金利の相場を意識する事も大切ですが、期間が伸びて、元金が減らないといくら金利が低くても20万近く支払うことにもなりかねません。10万円という額でしたら、なるべく早期に返済できるように計画を立てからプレゼントの購入に充てるのが賢い選択と言えるでしょう。

消費者金融10万借りの金利と返済総額について

消費者金融10万借りの金利についてなのですが、貸金業法によりまして10万円から100万円未満は18パーセントが上限金利とされております。具体的に数字を挙げてみますと、10万円を年率18パーセントで借入して、30日間の利息がいくらになるかといえば、10万円×18%÷365日×30日ということで1479円になります。一ヶ月で返済するならば1500円弱の金利で済むということなのでありますが、返済回数を増やしますとそれだけ返済期間が延びていって利息の総額も大きくなっていってしまうことを理解しなければいけません。

具体的には消費者金融が設定している最低返済額に従って返済をしていきますと、例えば47回返済で10万円借り入れの場合には月々返済額が3000円で、利息の総額が38781円となり返済総額は138781円となるのであります。月々返済額が少額であっても完済するのに4年間かかり、利息金額および返済総額も大きくなってしまいますので、なるべく返済金額を増額設定して返済期間を短くするのが大切であります。月々返済額を1万円に設定することができれば11回の返済回数で利息総額は9018円で返済総額は109018円で済むということになり、1年間で完済できるということを理解する必要があります。

100万円借りた場合の金利計算も考えておきたいのですが、30日間の利息がいくらになるかといえば、100万円×18%÷365日×30日となり14794円となるのであります。そして、1年間で返済を終えた場合には1100160円となりまして利息総額が10万円を超過することを認識する必要があり、借入金額が大きいと返済期間が長期化した場合には金利総額も高額となってしまい、返済計画をしっかりと立てられていない場合には返済が滞ってしまいかねません。借り入れをする場合には返済計画をしっかりとシミュレーションすることは大変重要であると考えられております。

【参考ページ】
利息をもっとも節約して融資を完済する秘訣

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.