可能?年金受給が消費者金融で借入するって

年金受給者が消費者金融で借入れするって本当にできる?わたし聞いたこと無いわ!

受給開始にもよるけど。基本60~65歳までならOK

たしか年金受給者って受給開始の引き下げもできるんだよね。はやい人で50歳代から可能でしょ。消費者金融から借り入れできる年齢っておおよそ60歳~65歳ぐらいだけど。年金から返済できる範囲内での借り入れよね。一体、なんの目的で借入れするのかしら。

消費者金融で借入れするより労金とか信金でも、年金受給者を対象に融資をしているところがあるからよっぽどそちらの方が低金利だし、対象年齢だとさらに借入しやすいと思うんだけど。現金を借入れしたい場合、なにも消費者金融だけじゃないのよ。条件によっては審査が甘いんだから。それに今では金融機関は利用したい人に借りほしいという状況なので、情報を集めるべきでしょう。

もし住宅ローンでしたら、公的な支援もあります。住宅金融支援機構です。返済も利息払いで、返済の精神的な負担も少ない。詳しくはホームページや資料を請求して確認をしてみて。どうしても高額な借入れになってしまうと、銀行やノンバンクはどうしても返済能力の観点から融資に対して慎重にならざるを得ません。たしかに一部の信金などは年金受給者を対象にした商品があります。

ただ高額な借入れをされて、万が一、返済が出来なくなってしまった時の貸し倒れの補償がありません。正直、これは融資をビジネスとしてとらえている銀行などは避けたい事実かもしれませんね。

年金受給している人の消費者金融の利用について

年を重ねていくと、60歳くらいで定年退職になる人が多く、原則的には65歳くらいから年金を受給することができるようになっています。しかし、今までの仕事の種類、加入してきた年金によって、かなりその受給額に違いがあります。また、国民年金だけの人では基礎年金だけだったり、自営業などでは大して保障されないような仕組みになっているので、中には生活がとても厳しい人もいるのです。ですから、若いうちからの貯金が重要になるのです。

しかしながら、わかってはいても、年金程度の収入ではなかなかうまく生活が立ち行かないこともあります。パチンコが好きだったり、現役時代と同じような金銭感覚でいたりして浪費していたりすると、ちょっとしたお金が足りなくなることも考えられるのです。お金に困ったらどうすればいいのでしょうか。

お金を借りるといっても、仕事をしていないような高齢者では貸してくれるようなところもないと思う人も多いでしょう。これはその人の年代にもよるのですが、未だ60代である場合には貸してもらえる可能性が高いのです。60代で年金受給などを含む一定額の収入のある人には、消費者金融会社ではお金を貸してくれることが多いのです。まだ、返済能力があると見なされるわけなのです。これは、高齢者に限らずに障害年金や生活保護を受けている人でも同様です。(参考ページはこちら→生活保護とて融資を使う事は可能?

申込は簡単です。パソコンのインターネットが簡単でいいのですが、苦手な人も多いので、電話などで申し込みをして審査になります。審査に通れば、融資を受けることができます。また、70歳以上であっても、融資を受けられるような会社のあるので、問い合わせをしてみるのもいいでしょう。お金が苦しくても、ちょっとくらいは孫にでもお小遣いなどをあげたくなるものですし、病気などになったときにも医療費はかなりかさむものです。ですから、そのような時に消費者金融を利用する方法もありますし、なるべく早い段階から老後を見据えて蓄えておくといいでしょう。
(⇒カードローンは早めに作るのが吉です

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.