年金生活者でも消費者金融は利用出来るか?

キャッシングベスト3

年金生活者でも消費者金融で借入できるの?

74歳の年金生活者の夫と、病気療養中の40代前半の息子と3人暮らし。私も60代前半のパートタイマーですが、突然閑散期となり週2日しか働けなくなってしまいました。転職や掛持ちにしても年齢制限がありますし、息子は病気療養中だからまともに働けません。夫も年金受給者なので、偶数月しか収入がありません。私は過去にブラックになってしまったので借りられませんが、年金受給者の夫が消費者金融を利用する事は出来ますか?
(⇒融資における年齢制限は何歳まで?

年金受給者が消費者金融を利用する事は難しい

ご相談ありがとうございます。深刻な事態になっているようですね。頼りにしていた収入源が減ってしまうと、生活にまともにダメージが来てしまいますよね。転職や掛持ちも検討されたという事ですが、年齢制限で引っかかってしまうという事。一体どうやって生活したら良いのでしょうね?ご質問いただいた「年金受給者でも、消費者金融で借入が出来るのか?」という件ですが、回答は以下のようになります。ご期待に添えず、大変申し訳ないのですが、年金受給者が消費者金融で借入をする事は困難です。

理由はいわずもがな、年齢です。ご主人は今、74歳なのですよね?65歳までは貸付可能、としている消費者金融もある事はありますが、74歳だと貸付をしてくれる消費者金融は恐らく皆無でしょう。ご相談には書かれておりませんが、それぐらいの年齢の方だと医療費の問題もあるでしょう。それに、酷な事を言いますが、高齢だといつ亡くなるか分からない。という不安もあります。特に冬場だと昨日まで元気だったのに、お風呂に入ろうとした途端に急な気温の変化が原因で心筋梗塞を起こして亡くなる。という場合もあります。万が一、借金を残したまま亡くなられたら、当然ご遺族に請求しなければいけなくなります。しかし、ご遺族が相続拒否をされたら、貸付したお金が戻ってくる事はありません。貸す側からしたら、丸損です。

また、相談者様ご自身も仰っていますが、年金生活者は2ヶ月に一度しか収入がありません。毎月まとまった金額を受け取っているサラリーマンに比べると、収入が少ないという現状があります。しかし、絶望しないで下さい。消費者金融から借りられなくても、年金受給者がお金を借りられる制度自体はあります。それは、ご主人が受け取っている年金を担保にして借りる、「年金担保貸付事業」という制度があるのです。

この貸付制度を利用するには条件があり、まず借入の出来る金額は、ご主人が年間で受け取る年金の総額の範囲内である事。そして、借りられる金額も、一度の返済の15倍程度の金額である事。借りる時は、いくつか用意されている目的の中から選び、使い道を明らかにする事。一度借りたら、追加の融資は受けられないという事。などの制約があります。しかし、数少ない救済制度として、ご相談者様の支えにはなると思います。

【参考ページ】
本当に困ったら公的な融資の利用を検討しよう

年金生活をしている人は消費者金融を利用できる?

消費者金融では現在、日々多くの人が借り入れを行い、返済をすることで継続利用をしています。現代社会では月末になるとさまざま支払いによって出費が増えるため、月末には多くの人が消費者金融の利用を申し込むようになります。継続して安定した収入があれば返済能力があるとしてみなされますから、現代の日本でアルバイトやパートとして、また正社員として働いているというような人であればほとんどが融資をしてもらうことが可能です

では年金を受給して生活している人、いわゆる年金生活者の場合はどうなのでしょうか。一見すると月々に一定の金額のお金を年金という形で受給をしているのですから、「安定した収入」という面においては問題が無いようにも見えます。ですが実際には、年金生活者に対しては融資が行われづらいというのが実情です。

その理由は何かというと、年金受給者は総じて高年齢であるということが関連しています。人間は年齢を重ねれば重ねるほど志望リスクが高まってくることとなりますので、現在営業が行われている消費者金融のほとんどでは、上限年齢という形で融資を行える消費者の年齢に制限をかけているのです。この年齢制限に関してはそれぞれの業者によってまちまちです。満60歳未満と定めている場所もあれば、満69歳未満までなら問題ないと定めている場所もあります。

ですが消費者金融全体を見れば69歳という年齢を上限として扱っているところが多いといえるでしょう。死亡リスクが高い存在であるという以上、貸し付けたお金が返済されるよりも先に亡くなられてしまうと金融業者は大きな回収コストをかけなければなりません。また遺族がその借金の存在を知らなかった場合などにはトラブルの原因になることもありえますから、こうした扱いになってしまうのはある程度やむをえないといえるでしょう。

ですがあくまでも年金生活者に対しては融資が行われづらいだけであり、完全に行われていないというわけではありません。大手の消費者金融などでは年金生活者であっても、所有している資産や借り入れ・返済状況によっては融資をしてもらえることがありますから、必要に応じて大手業者を中心に問い合わせをしてみると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.