バイトを始めたばかりでキャッシングは

キャッシングベスト3

バイトを始めたばかりで消費者金融に申し込むのって

専門学校を中退してサービス業でバイトを始めました。給料が出るのがだいぶ先なので、今月の家賃が払えそうにありません。親は親で金に困っているので、支援してもらうこともできません。成人はしていますが、消費者金融に申し込んで借りられると思いますか?とりあえず10万くらいあれば給料が出るまで生活できると思うんですけど。
(⇒融資はとりあえず成人していれば問題なし?

アルバイトでも借りられるが勤続年数が短いのは不利

働き始めたばかりで一度もお給料を受け取っていないのですね。そうだとすると、借りるのはかなり難しいかと思います。仕事はアルバイトでもかまいません。ですが、その職場で働いている期間というのがキャッシングの審査では重視されますから。貸付の条件として、たいてい「継続安定した収入のあること」と書かれています。働き始めてひと月も経たないのでしたら、毎月のお給料がどれくらいかもわかりませんよね。合わないからと言ってすぐに辞めてしまう可能性もあります。できれば一年くらいは勤めてからでないと、審査に通りづらいと思いますよ。

あなたの場合、お金を借りる以外にも何か方法があるのではないでしょうか。まず家賃ですが、管理会社なり大家さんなりに入金を待ってもらうよう交渉できませんか? バイトの給料がいつ入るからそれまで待ってほしい、と具体的なことを言えば、聞いてもらいやすいはずです。バイト代の前借りという方法もありますね。働き始めたばかりでお願いするのは気が重いかもしれません。ですが、世の中に同じ状況の方というのは案外多いものです。率直に事情を話せば、特に変には思われないと思いますよ。頑張ってください。

アルバイトを始めたばかりの人は消費者金融を利用できる?

消費者金融では事前の審査に通過することさえできれば、設定された限度額の範囲内でお金を借り入れ、消費目的であれば自由に使うことができるようになります。ですが実際に消費者金融を使えるようになるまでには、審査を通過できるかどうかが非常に重要となってきます。

基本的にはアルバイトやパートといった身分のような人であっても利用をすることは可能ですが、一部の条件によっては審査を通過できないことがあるのです。その審査を通過できない一部の条件となるのが「勤続年数」という部分です。アルバイトを始めたばかりの人、特に勤続年数が一ヶ月にも満たないというような場合には、審査は非常に厳しくなるのが一般的です。
(⇒非正規雇用でも融資を受ける事は十分可能です

基本的に消費者金融を利用したいというような場合には、金融業者に対して自信は信用のできる消費者であるということを伝えなくてはなりません。ですが金融業者にとっての消費者の信用とは、その人の人柄だけで決定されることではありません。いくら誠実そうな人であったとしても収入の無い人にお金を貸してしまうと返済をしてもらえない恐れがあります。

そしてアルバイトを始めたばかりというような人は、金融業者にとって見れば「もしかしたらすぐに辞めるかもしれない」として考えられる対象になってしまうのです。このように考えられてしまったのであれば、審査の場においては残念柄信用が足りない消費者として見られてしまいますから、通貨をできる可能性は低くなってしまいます。

では目安としてどれくらいの勤続年数があればよいのかというと、これは金融業者で明らかにされているものではありません。ですが傾向として見れば最低でも三ヶ月は必要とされています。半年以上の勤続年数があれば審査ではかなり良い評価をしてもらうことができますし、一年以上の勤続年数があるのであれば審査で不利になるということはほぼ無いでしょう。アルバイトを始めたばかりであっても審査を依頼することは可能ですが、より審査通貨の可能性を上げたいというのであれば、なるべく長い勤続年数を持ってから審査依頼を出すのが賢い方法であるといえるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.