消費者金融で借りようかクレジットカードのリボ払いにしようか悩んでいるのでアドバイスをください。10万円ほどの買い物をしたいのですが、クレジットカードだと金利が15%とあり、消費者金融だと4.5%~18%となっていました。この消費者金融の金利は、どうして幅があるのでしょうか?もしクレジットカードより安く借りられるならそうしたいのですが、仕組みがわかりません。どなたか解説をお願いします。
(⇒一番安い状態で融資を受けるには

初めてのキャッシングなら最大金利の可能性が高い

金利というのは借入額によって変わるものです。たくさん借りれば低金利に、少しだけ借りるなら高金利です。高額な借入の代表格である住宅ローンなんかは、金利1%というのもありますよね。反対に高いのがキャッシングです。キャッシングで何百万円も借りる人はほとんどいないでしょう。どうしても手持ちがないときに、数万円程度借りる人が多いはずです。そういった用途の違いも金利の差になっているのだと思います。

消費者金融のキャッシングの場合には、法律で金利の上限が決まっています。借入額10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上なら15%です。大手の消費者金融でしたら10万円未満を20%で貸し出すことはほとんどなく、たいてい18%が最大金利になっていますね。もっと低い場合もありますが、それはひとえにサービスです。

消費者金融に申し込むと、最初にもらえる限度額は10万円から20万円程度が多いかと思います。金利は、まず最大金利だと思ってください。利用を続けるうちに信用ができてくると、限度額が上がったり、それに伴って金利を下げてもらえたりします。ご覧になった消費者金融の最大融資額はいくらになっていたでしょうか? 仮に500万円だとしたら、限度額を500万円まで上げてもらえた人は金利4.5%で借りられるのでしょう。

まとめると、10万円の借入でしたら、消費者金融では18%が普通です。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。クレジットカードでも、キャッシング枠の利用ならやはり18%なのではないでしょうか? お手持ちのカードをご確認ください。でもショッピングリボなら15%なのですよね? でしたら、ショッピングリボで買われるのが、いちばん低金利だと言えるでしょう。
(⇒リボ払いの仕組みについて補足

消費者金融の金利の幅についてのこれまでの状況

消費者金融の金利の幅についてのこれまでの状況と言えば、やはりグレーゾーン金利の状況で取れていた金利の部分を返還しなくてはいけなくなりました。そう言った今までの幅を考えるとかなり抑えられた形となっている事には間違いない状況の様です。以前の幅を考えると40%近くの利息を取っていた消費者金融業者があったりする事で、やはり利息だけでも管理の金額を支払っていたと考えられます。
(⇒払い過ぎた金利は取り戻す事もできます

現在では10%を超える程度のものばかりとなっていて、利用者としてはとても利用しやすい状況に消費者金融業者での借入が行える状況となっています。こう言った取り引きを考える上でやはり一番大切な事といえば返済予定をキッチリと立てて無理や無駄の無い返済を行っていく事に尽きるでしょう。

しかし当時の利息の状況で言えば利息部分だけでもかなりの金額を支払う必要があった為利用する状況としては短期間での返済を考える方法が良くなります。現在の様な状況であれば利息の事は以前ほど考える必要はなくなったので後は元本を出来るだけ早く返済出来る状況を作る事が必要となります。

そう言った所を考えながら金利などの幅の規制がかかった状況の消費者金融業者や銀行などの金融機関には、取引が行いやすくなった状況に変わりがありません。工夫をする事は当然の事ながら必要な事ですが、今後の生活にも影響を及ぼす様なお金の使い方やお金の借り方などを行う事はしっかりと管理する必要性があります。

無理な利用は出来る限り控えながら取引を制限する事で、利息の支払いも最低限に止めながらの返済が必要となっていきます。そう言った事から、出来るだけ計画を立てて消費者金融業者や銀行などの金融機関に借入を行って速やかに金利の幅などを出来るだけ低い所で借り入れをして返済を行う事が重要となっています。これからの生活を圧迫する事の無い状況を出来るだけ作る事は今後の返済にも影響がある状況となっていきます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.