消費者金融の利用上限増額に必要な物とは?

キャッシングベスト3

消費者金融の利用上限を上げる上で、先に用意しておくと良い物を教えていただきたく、ご質問させていただきました。

社会人になって五年くらい経過していますが、私の仕事はフリーターです。学校を卒業してずっとフリーターなんていうと大抵白い目で見られますが、好きな仕事をしているし、実はちょっとした副業もあるので貧乏暮らしというわけではありません。フリーターをしつつ家で稼げるようになっておけば、むしろ定職に就くよりもメリットが案外多かったりします。特に、自分の時間を作りやすいっていうのはなかなか何ものにも代えがたいですね。

そしてフリーターという立場ながらも消費者金融はカードローンを発行してくれたので、とても助かっています。実は消費者金融のカードローンに申し込む前に銀行カードローンの審査落ちをしていたのですが、それでもOKだったのは本当に消費者金融だけです。今後も有効活用していきたい一枚と言っても過言では無いですね。で、もっともっと使いたいから利用上限引き上げをしたいので、それをスムーズに実現するためにご質問しているというわけです。

用意する物さえ分かればすぐに準備したいですね。

場合によって収入証明書が必要になるくらいでしょうか

フリーターと副業だったり、或いは個人事業主だったりで、自由な生活を送りたいと願い若い方が本当に多くなってきましたね。かく言う私も会社勤めが嫌になったという理由だけで、個人事業主として仕事を開始した口です。案外それでも何とかなるものだし、おかげで今は本当に楽しいです。質問者さんとは多少生活スタイルも異なるとは思いますが、お互い頑張りたいですね!

そして消費者金融の利用上限についてなのですが、増額申し込みというのも一度最初の申し込みを経験していると、やっぱり結構用意する物が多かったり手続きが面倒だったり…なんて考えますよね。しかし、消費者金融のカードローン増額の場合ですと、用意する物は凄く少ないです。というか、場合によっては何も必要無く連絡だけでOKの事もあります。

消費者金融で増額する場合ですと、収入証明が必要になる事があるくらいなのです。収入証明というのは今現在の収入を証明する書類を出すという事でして、給与明細とかですね。ただし、これは一定以上の金額を借りたい場合にだけ必要になるものです。例えば10万から15万へ、みたいな少額の増額希望なら不要な事も多々あります。

消費者金融の場合、目安としては50万以上が大抵提出が必須になっています。この額を超えて希望したいのなら、先に証明書を用意しておいて下さいね。後、場合によっては再び在籍確認として電話がかかる事もあります。無い場合もあるのですが、あると思って事態を進めておくと気楽です。

消費者金融での上限引き上げの条件について

現在の日本社会においてはお金を借りるという行為に対して複数の選択肢が用意されています。違法なものを除外したとしても、銀行や信用金庫などの銀行系からの借り入れも出来ますし、街金と呼ばれる消費者金融からの借り入れも可能です。あるいは契約しているクレジットカードでの現金の引き出しなども出来る時代になりました。それほど高額な借り入れが必要でないのであれば各種金融機関が発行するカードローンなどはお手軽な方法であると言えるでしょう。

しかしこの様なカードローンの場合には注意しなければならないことがいくつかあります。銀行のサービスを利用するにしても消費者金融を利用するにしても、借り入れの上限引き上げのためには一定のハードルがあるのです。一般的には年収の程度に応じて審査が行われます。銀行の場合には独自の審査が行われますので上限引き上げに必要となる年収は金融機関によってまちまちです。しかし消費者金融の場合には法律によって明確に定められているため、銀行に比べると幾分分かりやすくなっています。

具体的には貸金業法という法律の総量規制と呼ばれる法によって定められています。それは銀行以外の金融機関は借り手の年収に対して3分の1以上の貸し付けを行ってはならないという内容です。カードローンには借入上限金額というものが設定されているものであり、その上限を決定するのがこの年収なのです。例えば50万円の借入上限があるカードローン契約であれば年収が150万以上である証明を提示することが消費者金融での契約には必要になります。これが法に定められた規制なのです。

消費者金融でカードローンなどの借入上限引き上げを依頼する場合には源泉徴収票など年収が証明できる書類を使い、金融機関側にその旨を伝えることが必要になります。銀行の場合には明確な基準が公開されているわけではありませんが、相応の利用実績や年収がないと上限引き上げが出来ないのは変わりません。
(⇒融資の収入証明で必要になる書類とは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.