レイクに似た消費者金融に出会いました

キャッシングベスト3

レイクに似た消費者金融で、新生銀行グループとなっていたのです。一瞬レイクと勘違いしてたのですが、新生銀行ではないし、どこか変な気がして帰ってきてしまいました。新生銀行グループってそんなにいっぱい消費者金融を持っているのでしょうか?
(⇒レイクと新生銀行の関係

新生銀行グループを騙る会社が多数ありますので注意!

もしかして、新生銀行グループと名乗る『ライク』という会社でしょうか?

大手の消費者金融に似た名称を使い、誤認させて借りさせる手口があります。ライクはそういった会社であり、いわゆる闇金融というものになります。そこで借りなくてよかったですね。
(⇒闇金に引っかかるとどうなる?

ちなみに、昔で言うほのぼのレイクは新生銀行に買い取られ、子会社化しました。その際に『レイク』というプランド名は、新生銀行としてのカードローンの名称でありブランドとなりました。レイクという名の消費者金融はもうないのです。

破綻した日本長期銀行を前身とした新生銀行は、華々しく再出発したせいか、新生銀行の関係を名乗る怪しげな会社は古参の他銀行よりはるかに多数あるのです。そのため、新生銀行のHPでも勝手に新生銀行グループを名乗る会社への注意喚起とリストが掲載されています。怪しく思ったらまずそこを確認するとよいでしょう。

新生を名乗る会社に疑いの目を向けて確認するのは大事なんですが、新生フィナンシャル株式会社というのがこの中でも例外になります。これは本当の新生銀行のグループ会社であり、レイクという消費者金融を承継したものにあたります。ただ、そこのHPでも新生ファイナンスは無関係であると注意喚起を未だしているように、似た名称の危険な会社は今も多数あるようです。

大手と似ているけど違うと思ったら、一度逃げて直接大手の会社にそんな会社が関連であるのか聞いてみられるのが、安全な会社を利用する術だと思ってくださいね。

レイクに似た消費者金融の特徴と利点などを考える

レイクに似た消費者金融というのはいくつかあります。厳密にいうと銀行系のカードローンの金融機関になりますが、いくつかこういう形態のカードローンが存在します。利点は銀行系ということで安心感があるという点です。お金を借りるときに悪徳金融機関かどうかわからないのと、銀行の傘下である安心感は大きな違いがあります。
(⇒安心出来る金融業者を使っていこう

また銀行系の会社であるということで総量規制の対象外になりますので、借りる金額の上限が制限されないというメリットがあります。しかし個人個人の審査による上限は決まってきますから収入に見あった融資しか現実的には出来ません。他のレイクに似た消費者金融でもこの点は同じです。
(⇒総量規制は消費者金融の為のルール

しかし各社でいろいろなサービスを展開していますので、そこの部分で借りる会社を決めるポイントになる場合があります。レイクの場合は無利息期間のサービスに関して定評がありますが、無利息期間も2種類の中から選ぶことが可能になっています。契約者にとって便利である方法を選択して契約するとお得に借りることが出来ます。
(⇒消費者金融の無利息期間の付き合い方

他の利点としては審査が比較的やさしいという点です。銀行はお金を借りる場合は基本的には審査が厳しいのですが、レイクは審査が消費者金融寄りで比較的厳しくありません。お金をどうしても借りたい状況にある場合や、すぐに借りたい場合には有利な金融機関といえます。インターネットで申し込んで店舗に行かないでも借りられる点でも非常に便利な会社です。また一月以内に完済出来るのであればさらにお得です。

注意する点は金利が高めであるという点です。無利息期間などを上手に使えればお得ですがそれ以外の場合では金利はかなり高い部類に入ります。金利の違いは総支払い額に大きな影響を及ぼすので、おまとめローンなどで考えている場合は注意が必要です。おまとめローンに向いているような金融機関はサイトで比較することが可能です。総支払い額を考えて選択すると効果的に利用出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.