消費者金融ってこわくて借りれない大丈夫なの?

わたしって古い人なのかしらねぇ。どうしても消費者金融って怖くてどうも借入れするなら銀行なのよね。どうしても習い事をしたくて、これが50万ぐらいかかるらしいの。わたしってパートで働いているもんだから、銀行から借りるったって女性だし、何か信用できるもの何て無いし、担保や保証人だって立てられないし、そこまで大げさ他人に迷惑かけてまで、借入なんて出来ないわ。銀行以外に他には無いのかしら。
(⇒パートは本当に借りる事ができないの?

それならやっぱり消費者金融ですよ!

銀行以外なら、労金や信金などもあります。でも、保証人や無担保ということであれば、やっぱり消費者金融なんですよ。でも怖いなんてイメージがまだ残っているなんて意外でした。全く有名な優良企業と比べても変わらないのに!しかも今消費者金融と銀行って、お互いに協力し合っていることもあって、消費金融でも銀行の子会社なんてこともあるんですよ。

消費者金融が銀行より借りやすい。これ今や常識で多くの人が何の問題も無く利用しています。時代に遅れちゃだめですよ。しかも利用することで生活を支えてくれてますし、習い事やご旅行など多目的に気軽に利用している人が本当に多いんです。しかも今はパートでお仕事をされている方でも借入れ可能。30万以上借入して、月2万程度の返済で済みます。

カード会社によっては、新規で初回借入れ分は期間限定で30日だけ無利息という商品まであります。どこの企業でも同じですがルールさえ守れば大丈夫。ちゃんと貸金業法なんていう立派な法律もありますから、利用者が何か借入れの際に不利になるようなことは決してありません。ですから、始めは誰でも知っている大手の消費者金融から少額の借入れするのもいいかもしれませんね。

正規の消費者金融は仮に返済が遅延してもこわい存在ではない

消費者金融の中には、誰でも知っているような有名な会社というのがいくつもあります。なぜそれほど知名度が高い会社があるのかというと、テレビ番組やイベントのスポンサーになっていることが多いからです。また、株式市場に上場している会社もいくつかあり、そういった意味では大手の消費者金融会社は一流企業と言えます。しかし、貸金業者に対する人々の意識には「こわい」というものもあります。では、実際にそのイメージは正しいのでしょうか。

まず、なぜ怖いと感じる人がいるのかというと、借金を取り立てるイメージが強いということが挙げられます。しかし、個人にお金を貸すのは銀行もそうです。消費者金融は取り立てを行い、銀行の場合は行わないということはありません。銀行も、お金を返してくれない人に対しては取り立てを行います。ただ、以前は銀行というのは会社にお金を融資する金融機関であるというイメージが強く、また実際にそうでした。

そのため、個人に対して取り立てを行うのは消費者金融が多かったということがあり、怖いというイメージが向けられてしまったわけです。しかし、合法的に営業を行っている消費者金融の場合、取り立てはそんなに厳しいというわけではありません。電話と郵便の組み合わせて督促を行い、裁判などを起こすのは最後の手段と言ってもいいです。お金を返してくれない人への対応としては普通だと言えるでしょう。

勿論、会社によって方向性の違いというのがあり、どこも同じような取り立てをするというわけではありませんが、一般的な会社であれば銀行などとまったく変わらないと考えていいでしょう。返済が遅れていないという場合であれば、まったく怖がる必要はありません。たとえば、もっと借りてほしいという電話を家にかけてきたり、あるいは、返済したのに、返済されていないと言ってくるということはありません。そんなことをしたら業務停止処分を下されてしまいます。
(⇒今の消費者金融は銀行かどうか分かりにくいくらいに健全?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.