消費者金融のローン審査をパスできる人は…

キャッシングベスト3

消費者金融でローンを組むとき、審査を受けない人もいる?

消費者金融でローンを組むとき、人によっては審査が楽になったり審査が厳しくなったりするというのはよくわかります。それは仕方ないと思うんですが、人によってはローン審査を組むときには消費者金融から「大丈夫ですよ」と何も受けない人もいたりするのでしょうか。

いわゆる顔パスのようなものですが、申込書次第では顔パスになったりするものですか?

顔パスはさすがにないが形式的な審査だけになる人もいる

顔パスは芸能人がよくやるやつですね、あれができるかどうかで芸能人としての格が決まるわけですけれども、そういうものは消費者金融のローン審査ではないと思っていいでしょう。仮に日本で誰もが知っている有名なお金持ちの人がやってきたとしても、一応はちゃんと審査はするようになっています。もちろん審査に通る事になりますから一応形だけになるかとは思いますが。

形だけの審査というのはよほど信用があって、お金を返済してくれる人にだけ適用されます。これはもともと消費者金融ではなく一般の銀行融資ではよく行われていたことです。銀行融資ではお金を貸してもらうというよりも、借りてもらいたいという人もいて、有名企業に借りてもらうためにすごく安い金利で無理やり借りてもらったりもしていました。こういう時はほぼ顔パスだったそうです。
(⇒銀行と消費者金融の違いは今もあるの?

それと同じような形で消費者金融も顔パスをと言いたいところですが、消費者金融は個人に向けて営業や勧誘をすることはありませんから、申し込みをしてきた場合ということになります。申し込みをしてきた場合は人の知名度によってはかなり審査は形式的になる場合もあるでしょう。もちろん通らないということはないと思います。当然ほとんどこういうことはありませんが。

消費者金融でローン審査を簡単に通れるような人っていうのはそれほど多くはありません。それに最近は自動で機械審査というのを行うようなところも多くて、機械審査の場合にはどうやっても必ず審査を受けることになってしまうので、パスするということがもっとできなくなっている、といえるかもしれません。

【参考ページ】
審査無しはともかく審査が甘いところはあるのか?

消費者金融のキャッシングローンの審査について

消費者金融のキャッシングローン審査は比較的緩いと言います。これは銀行と比較した場合にこのように言われているのですが、申込み条件は継続した安定収入が有れば、アルバイトやパートの人でも申し込みが出来ますし、主婦でもパートをしている事で収入となり、申込みが可能になるのです。但し、自らの収入を持たない専業主婦の人は、総量規制が適用されるため利用する事が出来ないのが特徴です

また、この総量規制において、年収の3分の1を超える貸付が禁じられていますので、既に借金を持っている場合は借金の借入残高が年収の3分の1から差し引かれた残りの申込み額になるのが特徴なのです。

ローンの申込みを行うと、個人信用情報の照会が行われ、情報の中に問題点が見つからない場合は審査に通りやすくなります。しかし、情報の中に遅延をしていたり、短期間に複数の申込みをしている場合は審査に通る事が難しくなるのです。

要は、消費者金融はお金を貸して、返済をきちんと期日に行ってくれる人、利息を合わせて返してくれる人に対して融資を実行してくれるのです。しかし、個人信用情報の中に遅延などの問題点が有る場合は、融資をし難くなりますので断れてしまうケースも出てきます。

それと、申込みを行う際に年収の3分の1を超える申込みを行っても審査に通る事は有りません。現在の借金の額と言うのは、個人信用情報の中に記録があるからなのです。また、消費者金融が年収の3分の1を超える貸付を行うと行政処分を受けることになり、営業が出来なくなりますので、合法での金融業者はこれを守るのです。

尚、比較的低額の申込みでは本人確認用の書類のみで申込みが可能になりますが、借入残高を含む額との合計が50万円や100万円を超える場合などでは、年収証明書の提出が必要になるケースが多く在るのが特徴です。そのため、低額のローンの場合は本人確認用書類のみ、借入残高と申込み金額が50万円や100万円を超える場合などでは本人確認書類と収入証明書のを利用し、更に個人信用情報を使って審査が行われているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.