そんなに金利は重要なもの?知らないと困るのはアナタです!

特に、最近は消費者金融での借入が気軽にで簡単にできるようになったせいか、金利を気にせずに簡単に契約する人も増えているのですが、これこそが借金苦になっている理由のひとつでもあるのです。(参考ページはこちら→金利を気にせず借りすぎるとろくな事がありません

利息は、たったひとつの計算式で算出することができます。

「でも、計算って難しそうだし、面倒臭そう…」

消費者金融での借入の場合、金利の計算はたったひとつの単純な計算式に数字を当てはめて計算するだけで算出できる簡単なもの。実際、インターネットでも計算式が調べられるような実に単純なもので、電卓さえあれば、すぐにでも計算できます。

利用残高×実質年率(金利)÷365日(年間日数)×利用日数=利息

こう書くとなんだかややこしそうですが…実際に数字を当てはめると以外とインプル。数字を当てはめて例を挙げてみましょう。

利用残高は10万円、実質年率が18%、利用日数を30日としましょう。

30万円×18%÷365日×30日=4438.356…

と出ましたので、利息は4,438円となります。今度は、実質年率を4.5%に変えて計算してみましょう。

30万円×4.5%÷365日×30日=1185.561…

となりますから、利息は1,185円です。その差、なんと3,253円。けっこうな差額です。同じ金額を同じ利用日数で借入しても、実質年率での違いでこれだけの差が生じるのです。

こうやってみると、金利がいかに重要なのかがわかるでしょう?この金利を甘く見たり、考えずに簡単に借入することで、予想以上に返済への負担を抱えてしまって生活に影響を出してしまう人もいるのです。

そのため、消費者金融が悪いイメージを持たれがちになるのですが、果たしてそうでしょうか?計画性もなく、簡単に借入をしてしまった本人の責任はどうでしょう。

貸付する側も審査をします。報告を受けた内容から、この人にはこの金額までは貸付をしても返済してもらえると判断して融資限度枠を設定します。しかし、その人の生活状況や金銭感覚までは、提出された書類上からは読み取ることはできません。ですから、最終的にどれくらいの金額までなら、毎月返済しても生活に影響がないと判断できるのは、自分自身なのです。

返済金額の算出の仕方も簡単だということもわかったところですし、事前に自身でシミュレーションしてみたり、借入を希望する消費者金融の電話相談窓口でオペレーターの人へ相談してから申込を検討するという方法もあります。

返済の利息を左右するのは金利だということは、きちんと頭に入れておきましょう。

消費者金融で、10万円を借りた時の金利の相場ってどれくらい?

彼女へのプレゼントをするために、一回だけ消費者金融を利用したく思っています。しかし、気になるのが利息分です。 友人は、10万なら友人や親頼みで乗り切れと言うのですが、私としては個人の問題にして気持ちよくプレゼントしたいと思っています。お願いです、10万を借りた時の金利の相場を教えてもらえないでしょうか? (⇒お得と言える金利の相場について) 消費者金融や経済状況で変化しますので具体的

高金利な消費者金融の具体的な見分け方ってあるのですか?

私は消費者金融を自分なりに上手に使っている者です。計画的に使っているのですが、中には高金利な業者があると聞きます。 現状では問題がなさそうなのですが、この先の事を考えると事前に知っておきたい思いが強いのです。高金利の消費者金融を事前に見分ける具体的な方法はあるのでしょうか?(参考ページはこちら→あまりにも高すぎる金利なら注意しよう!) 基本的に「日本貸金業協会」に登録されている業者を

安い金利で貸す消費者金融について知りたい

消費者金融はたくさんありますが、どこが金利が安いのでしょうか?借りるなら金利が安いところの方が、返済が楽だと思います。 金利はその人によって違うため、一概にどこが安いとは言い難い 消費者金融と言えば、金利が高いというイメージが確かにありますよね。2010年の法律改正に基づき、金利は20%までが上限となりました。しかしそれは、言葉を換えれば「20%までだったら、金利は何%に設定しても良

消費者金融で気を付けるべきグレーゾーン金利とは

消費者金融って最近テレビCMや駅の広告でも頻繁に見かけますが、何だか怖いイメージがあります。グレーゾーン金利という言葉を聞いた事があるのですが、一体何なのでしょうか? 出資法の上限には引っかからない金利がグレーゾーン金利です グレーゾーン金利とは、文字通りブラック。つまり違法ではなく合法だけれど、大抵の人が眉をひそめたり心に引っかかりを覚えてしまうような金利の事です。現在は2010年

消費者金融利用者ですけど少しでも低金利にする方法ありますか?

消費者金融のカードローン利用者です。カード形式でお金を借りたのはこれが初めてでしたが、聞いていた以上に便利ですね!いつでも欲しいだけ取り出すことが出来るのは、まるで銀行の口座を操作しているような気分になります。コンビニで使えるから時間も気にせずに借りられるし、言うことが無いです。 あ、言うことが無いと書きましたが…やっぱり、金利だけはもうちょっと低くしてもらえたならーって思ってます。消

無金利の消費者金融は儲けなしでやって行けているの?

まだまだ数は多くないと思うんですが、消費者金融の中に無利息のものってありますよね。無金利だということを大きくアピールしている消費者金融はいくつか見たことがあるんですけれども、無利息なんてことをしたらどうやって儲けているのだろう?と思います。 業者側からしたらいらぬ心配だとは思うのですが、実際どうやって設けているのでしょうか?無利息でもなにかお金がかかったりするのですか? 無金利の消費

不景気な今の方が消費者金融の金利はお得ですか?

不景気になると、やっぱり色んな物の値段が下がりますよね。値段が下がるというと私達消費者にとってはプラスに聞こえるのですが、実際は給与も少ないしその割に税金や年金は高いしで、正直言ってあまり良い印象が無いですね…一部の業界は景気回復をしていると聞いていますが、下請けの工場で働いている私には何の恩恵も感じていませんので、はっきり言えば全く景気回復は感じておりません。 景気の話になると愚痴ば

低金利の消費者金融はあり得ませんよね?やっぱり銀行ですか?

低金利の消費者金融なんて存在しませんよね?となると、低金利で借りたいならやっぱり銀行に頼らざるを得ませんか? 私は会社勤めが嫌で個人事業主になった者です。会社に勤めるという事は安定した生活を得やすいものの、日本独自の団結というか和とか強調を強要されるのが私は嫌で…だから個人のみで仕事をする事にしたのですが、精神的には本当に文句なしです。毎日好きなペースで仕事してうるさい上司もいじめに荷

金利の規制っていうのは具体的に消費者金融をどう変えた?

消費者金融やその業界を大きく変えたとされる金利の規制ですけれども、これ自体はどういうふうに金利の規制というのは影響を与えたのでしょうか。金利の規制が行われた時から今まで、何が変わったのでしょうか。あまり目に見える変化っていうのはなかったように思うのですが… 大きな業者もつぶれ中小業者はほとんどなくなってしまった 金利の規制に関しては本当に大きな影響を消費者金融業界に与えたと言われてい

消費者金融で見かける変動金利とは何でしょうか?

消費者金融をいくつか見ていると、変動金利というものを見かける事があります。最近は結構変動金利が多いなぁと思うんですが、これって一体何なのでしょうか。変動金利意外に何が他にあって、これは普通の金利とはどういう部分で違うのでしょうか。 ちゃんと説明が書かれているところもあるんですが、銀行系カードローンなどでは書かれていないところもあり、はっきりとわからないので教えてもらえないでしょうか。
1 / 3123
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.