消費者金融で50万円借りるためにはどうすればいいですか?

急にお金が必要となり、あまり気は向かないのですが、消費者金融に頼ろうと思っています。50万円ほど借りたいのですが、大丈夫でしょうか?ちなみに、借金は初めてなので、ブラックリストに載るようなことはありません。
(⇒ブラックリストには何故なってしまう?

借金をするならば消費者金融という考えが浮かんだのかもしれない

消費者金融での限度額は大体が50万円以下の契約となる事が多いわ。よほど年収が高い人以外は、50万以上で契約してくれることはないわね。という意味では、50万円を借りることは出来ると思うわよ。ただ、金利は大抵上限金利での契約となるから、18%ぐらいの契約になってしまうわ。

しかも、限度額が上がらないとそれに反比例した形で設定されている金利は下がらないわ。大きな金額を借りることが出来る人でないと、金利は下がらないわけで、最初に借りた分に関しては上限の金利でしか使えないという事にもなるわね。18%の年利を5年間以上返し続けるとして、ちょっと大変よ。例えば5年間で返済するとしたならば、返済の金額は倍近くまで膨らむわ。

ただ、消費者金融では、初めは限度額10万円からスタートだと言われている所もあるから、注意してね。絶対50万借りられるなんて甘い考えを持っていたらいけないわ。最近は消費者金融だけでお金を借りれるわけじゃないわよね。金利なども優遇している銀行でお金をまとめて借りることも検討した方がいかもしれないわね。

消費者金融の境界線は50万円からと知っておく

消費者金融で借り入れをする人が増えています。学生、フリーター、主婦といった職業も年代も性別もバラバラです。多くの人が金銭的な問題を抱えており、それを解決するのにキャッシングサービスは役に立っています。生活費がない、恋人へのプレゼントがほしい、洋服代がほしいといった悩みを抱えています。多くの利用シーンで役に立っています。企業と正式に契約をすることによって、金銭的なやりとりをするので安心感があります。
(⇒キャッシングはどんな立場の人でも使えるの?

初めて消費者金融を選ぶときには、大手企業を選択しましょう。知名度が高く、名前を聞いたことがある企業の場合には安心感を得ることができます。また、実績も豊富なので信頼もあります。複数の企業があるので、金利、審査スピード、審査基準といった項目を比較して検討しましょう。利用者にとって一番最適な企業を選ぶことで、キャッシングサービスを有効利用することができます。

新規申込の方法は、インターネットと無人契約機が主流です。どちらにも特徴があるので、事前に把握しておきましょう。申し込みをするときには、利用者の情報と書類の提出をしなければいけません。書類は本人確認書類だけのところもあれば、収入証明書や保証人が必要なところもあります。その境界線が、借り入れ限度額50万円からです。50万円を超える場合には、収入証明書と保証人が必要です。自分の借り入れ限度額がどれくらいかを事前にしって、必要なものを準備しましょう。

最初の借り入れの時には、50万円を超えなくても途中で超えることもあります。それは、借り入れ限度額の増額をしたときです。消費者金融のホームページ上から増額申請をすることができます。その結果、借り入れ限度額が50万円を超えれば、収入証明書と保証人を用意しなければいけません。これらの準備物が迅速にそろえることができない人は、50万円以下の借り入れをするといいでしょう。消費者金融によって必要なものは異なるので、利用する前には確認しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.