毎月五千円からでも消費者金融は返せる?

キャッシングベスト3

消費者金融は毎月五千円からの返済でも大丈夫ですか?

学校卒業時にはまともな仕事が決まらなかったものの、早く家から出たかった私はアルバイトのみで当面の生計を立てる事にしました。一人暮らしなので家賃とかも必要ですが、安いアパートでも別に苦にはなりません。むしろ、家から出られた事にホッとしているくらいですね。

精神的にホッとしていたとしても、金銭的には予断を許さない日々が続いています。というのも、毎月の家計簿を付けてみたところ、平均的に余分に使えるお金というのが五千円しかないのです。生活に必要な家賃や食費などを除いた上で五千円なのだから余裕は無いわけじゃ無い…と言いたいところですが、仮に風邪でも引いて病院にかかれば、とてもじゃないですが凌げる金額ではありません。でも実家には死んでも頭を下げたくないので、どうしようかと悩んでいた時でした。

フリーターでも作れる消費者金融のカードローンは、その使い道などを見る限り実に私に相応しいです。親と違って気楽に頼れる存在なので是非とも作りたいのですが、毎月五千円しか返済に充てられるお金が無い私でも、返していけるのでしょうか?五千円でもOKなら、本当にどうしようも無い時だけ使う保険として是非欲しいです!

OKですがなかなか返済が進まないのには注意です

何だか結構複雑な家庭の事情がありそうっすね…質問者さんの年齢は分からないっすけど、もしも未成年ならまだ親にも責任がある年頃っすから、結構難しい立場と言えるっす。成人しているならもう一人の人間として生きていけるっすけど、そもそも未成年だと融資を受ける事ができないから、成人している事を前提としてお話を進めていくっす。

消費者金融から借りる方法がカードローンだった場合、大抵返済にはリボルビング払いが用意されていると思うっす。これは借入額に応じて毎月一定額以上を返済すればOKという返済の仕方で、最低返済額が相当低めになっているのが特徴っすね。で、五千円でもOKかどうかでいうと、消費者金融にもよるけどOKなところがあるっすよ。

金融業者によっては最低でも毎月一万は必要だったり、借入額が多いと五千円では返済額が足りなかったりと色々問題があるわけっすけど、基本的にはそれくらいの額での返済も可能ではあるって事っす。毎月一万円以下ならほとんどの人が用意できる金額という事で、カードローンが多くの人に普及したと考えてみても良いっすね。

便利なリボルビング払いっすけど、返済したお金はまず利息の返済に充てられるというのに注意っす。つまり返済額が少ないとほとんど利息にもっていかれて、本来返すべき残高がほとんと減らない…という事になりかね無いっす。もしも少しでも余裕があるならできるだけ多く返すようにすれば、リボルビング払いも有効活用できると思うっすよ?。

消費者金融五千円を借りる方法とその活用について

消費者金融五千円だけを借りるという小規模の借り入れを行うことはできます中には5万までならば半年間利息ゼロのキャンペーンを行っているところもありあすので、消費者金融五千円を借りたいというような少額借り入れ希望者はそうしたキャンペーンを上手く使って乗り切っていってください。上手く使いこなすことができれば、消費者金融五千円を借りて、長期間無利子で借り入れを行うことも可能になってきます。

消費者金融五千円だけを借りるという人は少ないでしょうが、ぎりぎりまで追いつめられている人はそうした少額借り入れでもやりたいというようになってしまっています。ただ、消費者金融五千円を借りる際の注意点としては、そうした小規模な借り入れを何個も行っていると、多重債務となってしまいます。できるだけ一つの消費者金融会社を選んで、そこから少額借り入れを何度も行うというスタイルでやっていった方が得策です。

お金は大切なものですが、それをぎりぎりまで突き詰めて、消費者金融に頼って生きている人も沢山います。そうした人たちが賢く生き残るには、少額の取引をその場その場でやっていき、とにかく場を凌ぐということが必要になってきます。そうした場を凌ぐ能力を身に着けていけば、少額の消費者金融の使い方を身に持って体感することができます。

消費者金融というのは、上手く使いこなせれば、マネーとしてゲーム的な要素を持ち、クリエイティブに使いこなすことができます。注意しなけばいけないのは、深みにはまってしまうということです。そうした深みにはまることだけを避けて使い続ければ、きっといつかは借金に頼らないで生きていくこともできるようになっています。そのための踏み台として借金をし続けるというのは十分にアリな選択肢でありますし、それを上手に使いこなせていけば、自分の夢を叶えたり、自分の夢を叶えるためのお手伝いができたりすることができます。上手に使うのがポイントです。

【参考ページ】
消費者金融最大のミスを無くす使い方

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.