消費者金融の融資金額ってどうやって決まるのでしょうか?

消費者金融で借りたい希望額があったのですが、違う融資金額枠になってしまいました。消費者金融の融資金額上限ってどうやって決まるのでしょうか?

借り入れる方の収入や他の借金によって決まります!

返せる額を貸さないと、貸したはいけど返って来ないじゃ困るので、消費者金融も銀行も、その人の収入があるかないか、あるとその金額によって融資金額の上限を決めています。

消費者金融は収入の1/3のラインは厳守なりますが、それ以下ですとその後きちんと延滞なく返済という実績を積み、他での借金等が多くなければ上限額の増額は可能になってきます。(参考ページはこちら→何故消費者金融は収入の1/3までしか貸せないの?

ただ、収入がないひとの場合、学生や主婦と言った場合。消費者金融は総量規制という年収1/3以上は貸しちゃだめってのがありますので、収入のない主婦には貸せないです。学生さんも20歳を超えていてかつアルバイト等の収入があれば借りられます。銀行系で専業主婦に貸すところは配偶者に収入があるかになります。配偶者や家族の収入証明をとるわけではないので学生や主婦という職業というか身分によっては、一定額の上限を設けているようです。

20歳以下の未成年には融資枠以前の問題で、銀行、消費者金融共に借りる事はできませんこれは仕事をしていて収入があってもです

あとは、他に借金がある事、それが消費者金融だったりすると合算して収入の1/3を超えないようにする事になります。

借入額が高くなると、収入も自己申告ではなく、何らかの証明書の提出を求められます。消費者金融なら50万がラインで、銀行系は各銀行の決めた額によります。

収入の無理のない範囲で借りないと返せない。最初はその人がちゃんと返してくれる人かわからないから、少なめの上限設定になる。

そんな感じで融資金額の上限額が決まるようになっています。

消費者金融でお金を借りられる融資金額の幅はどれぐらい?

キャッシングの便利なところは、5万円以下の少額融資も可能なところです。もし10万円以上でないと融資してくれないというなら、キャッシングの利用者は今ほど多くはありません。なぜなら、キャッシングを利用するほとんどの人の融資金額は、小額であるからです。

5万円以下の金額でも融資を受け付けてくれることによって、冠婚葬祭費用などのちょっとしたお金でも気軽に利用できます。また、少額融資にも対応していることによって、不必要な金額を借りる必要もなくなります。その結果、利息の金額を抑えることにも繋がり、返済で苦しい思いをしなくても良くなっています。少額融資というのは、気軽に利用するためには絶対に必要なポイントといえるでしょう。

ところで消費者金融のホームページを見ていると、融資金額は最低1万円からになっていることがほとんどです。そのため、1万円未満の場合は利用できないと思うかもしれません。しかし、実際には1万円未満の少額融資も可能です。もし1万円もキャッシングする必要がないなら、一度消費者金融に問い合わせてみましょう。場合によっては、5千円だけ融資を受けることもできます。

一方キャッシングの最大融資金額は、消費者金融によってことなります。500万円や800万円のこともあれば、1千万円以上の融資してくれる消費者金融もあります。人によっては1千万円以上の融資金額でも借りられるのも、キャッシングの便利なところです。一般的にはそこまでの金額を融資してもらうことは、ほとんどありません。ですが、多額のお金が必要な人には、とても重要なポイントです。

しかし、申し込みをしたら、誰でも最大融資金額まで利用できると限りません。キャッシングで融資を受けられる金額は、利用限度額によって決められています。この利用限度額は、申し込みをした時点で消費者金融に自動的に決められます。ですが、トラブルなく利用していれば、増額することもできます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.