消費者金融の融資限度額は銀行よりも低い?

キャッシングベスト3

消費者金融の融資限度額はどうして銀行より低いの?

消費者金融の融資限度額というのは、どうして銀行よりも低い数値になっているのでしょうか?

これは以前、久しぶりに地元に帰ってきた友人と話した時の事です。友人は消費者金融と銀行のカードローンをそれぞれ一枚ずつ持っていたのですが、消費者金融の方が銀行のカードよりも限度額が低く、大体の場合はそうなると友人が言っていたのです。私も実は姉の結婚式を控えていてご祝儀代に頭を悩ませていたので、ちょうど欲しいと思っていたのです。そして、消費者金融の方が作りやすいという事で利用を検討していたのですが…。

消費者金融は、何故銀行よりも限度額が低くなりやすいのですか?限度額を大量に要求するほどご祝儀を包むわけじゃあないですが、将来も使っていけるカードになると考えると、いつまでも限度額が低いままというのは頼りになりません。消費者金融を使いたいと思っている者として、是非その理由をお聞かせ下さい。
(⇒消費者金融と銀行の方向性の違い

総量規制の関係もあると思われます

単純に考えて、審査が簡単な方がたくさんの限度額を設定してくれるという事に繋がるだろうし、それで銀行と消費者金融の限度額の違いを見ていると、納得いかない部分があるのもちょっと同意できるわね。ただ、一定条件下で考えれば、銀行よりも消費者金融の限度額が高くなりやすいとも言えるわよ。それについては後で説明するけれど、まずは銀行の方が基本的に限度額を大きくしやすい点について、説明をしていくわよ。

銀行の方が限度額を大きくしやすい理由としては、やっぱり総量規制があるからなのよね。単純に銀行の方が資金力があるだろうし、それを活かしてたくさん貸し付けられるという部分を除いても、この総量規制という決まりは大きな効力があるのよ。何故だか分かる?

総量規制は、国が『融資をするなら年収の三分の一までしか貸してはいけません』と決めているからなのよ。金融業者同士の暗黙のルールなら破るところもありそうだけど、そうではなくて国が決めたルールとあれば、破ってしまうとそもそも営業が出来ないのよ。収入の三分の一となると、高額融資を受けられる人は富裕層クラスになることも考えて、限度額が銀行よりも奮わない状況が多いってわけね。

でも、消費者金融の審査が緩いという事も考えれば『総量規制内にて限度額を希望した場合』だと、消費者金融の方が希望額を借りられやすいってわけね。例えばあまり収入が多くないフリーターが30万希望したら、銀行だと厳しく見られて10万に下がったりするけど、消費者金融なら総量規制に引っかかっていないという事で30万という希望を叶えてくれるかも…という感じね。

消費者金融が必ず劣るわけじゃない、というのは他の部分でも言える事だから、覚えておきなさい。

消費者金融の設定している融資限度額について

消費者金融の融資は、基本的に残高スライドリボルビング払いという返済方式になっています。これは、借入残高に応じて段階的に決められている約定返済額を支払っている限り、業者が利用者ごとに定めている融資限度額の範囲内で、自由に追加借り入れや繰り上げ返済ができるようになっているというものです。もちろん、借り入れや返済は面倒な手続きや手数料が不要ですので、現金が足りない時には気軽に借り入れができますし、余裕があるときには早めに返済をして、利息を減らすことが出来ます。
(⇒カードローンはいつでも使えるというのを忘れない

この限度額は、消費者金融の場合には総量規制という制限の対象となっており、利用者の年収の3分の一を限度とすることになっています。ただし、他社からの借り入れがすでにある場合には、合計額が対象となっていますので、年収の3分の一から他社の限度額を差し引いた金額が上限となっています。そのため、すでに高額の借り入れをしている場合には、新たに申し込んでも融資を受けられないといったケースもあります。

また、この限度額は申し込み当初は低めに設定されます。これは職業や年収に関係なく、本人が支払いを継続するに足る支払い能力を持っているかどうかが不明である点です。半年から一年近く滞納なくきちんと支払いを続ければ、信頼に足る人物であると判断されて、増枠の希望にも積極的に対応してもらえます。なお、増枠の時には再度審査を受けることになり、在籍確認の電話などもかかってきます。

この融資限度額は、業者によって上限が異なっていますが、一般的には銀行と提携しているようなところや大手の消費者金融であれば、数百万円という高額の設定になっています。もちろん、利用者の年収や信用性次第で自分に適用される金額は異なってきますが、収入に余裕がある人の場合は、始めから上限金額が高いところを選んでおくと、まとまった金額のキャッシングも利用できる可能性が高くなりますので、おすすめです。
(⇒金融業者によって最高借り入れ額は異なる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.