金融機関の履歴でローンは組めなくなるのか

キャッシングベスト3

消費者金融の履歴で車購入のローンを組めなくなるって本当?

近日中に新車の購入を予定しています。できればローンを使用したいのですが、私は過去に消費者金融での返済滞りの経験があるのです。

しかし、翌日には全額振り込みました。このような履歴があると自動車購入ローンが組めないという噂を聞きました。ネットでもそのような表現をみかけました。こんな話は本当なのでしょうか?(参考ページはこちら→過去の消費者金融利用はどんな影響がある?

状況にもよりますが、組めないということはありません

微妙な表現でお答えしてしまいましたが、これには理由があります。「総量規制」という新しく施行された貸金業の法律上は、消費者金融と車のローンは別個であるとの記載があるのです。

しかし、全く同じ系列の企業にローンを申し込むのは難しいでしょう。信販系と消費者金融も情報は共有しているので「多数の顧客の中からあえて返済滞りのある方」を選ぶメリットがないことも当然考えられるからです。しかし、多数のクレジットカードを所有していたり、それらを延滞した経験がないならば、会社を変えて審査を受けてみるのも良い戦略だと言えます。その際には、予定される金額よりちょっと下げた金額を伝えてみたり、会社の規模を中小へとスライドさせたりするとローンを組める可能性が高くなる可能性が高まります。返済も翌日にしているので、そこまで悪くリストに記載されていないことも予想されるからです。
(⇒どうして融資の情報は共有できるのか

最終的には、その会社の判断基準次第であると言うところが落とし所でしょう。遅れてでも返済がしてあるのならば、可能性はゼロではありません。いわゆる「事故」つまり、自己破産や3ヶ月以上の長期滞納の記録がある場合は、ローンを組めなくなるということなのです。(参考ページはこちら→自己破産は今後どのように影響するのか

目的が車購入消費者金融の個人向けカードローン

消費者金融のカードローンは、個人の消費を目的として用意された商品です。無担保という事で少額からのスタートとなりますが、1万円という金額からでも申し込める内容の商品も存在しています。少しのお金が足りないという場合でも、利用する事が可能となっています。(参考ページはこちら→消費者金融は少額の利用から歓迎です

ただし、限度額は最高で500万円以上に達する商品もあります。個人としての利用であれば、生活費としてだけではなく、飲食、買物、旅行等は認められています。買物の種類により制限される事はありません。車購入消費者金融という利用も可能です。認められていないのは、事業性資金としての利用です。

20歳以上の安定した収入を持つ人を対象としており、信用情報機関への照会による審査で合否が判定されます。希望額が大きくない場合は収入を証明する書類は提出しなくても良いので、他の業者からの借入残高が重要なポイントとなります。借入残高が多いほど審査に通りにくくなるのは、利用した金額に利息を加えて返済するというのがカードローンの共通したルールとなっているからです。

他の業者からの借入があるという事は、返済しなくてはならない金額を抱えているという事です。金額が大きくなるほど新たに借入を行う余裕が失われるという事になります。逆に借入残高が少ないという事は、返済しなければならない金額も少ないという事になるので、審査に通りやすくなります。

消費者金融のカードローンは、審査時間が短いというのが魅力です。申し込み当日に結果が判明するスピード審査が中心であり、審査に合格すると契約に進むという流れです。契約が完了するとカードが発行されて、消費者金融のATMや他の金融機関やコンビニエンスストアーに設置されている提携ATMで入出金を行えるようになります。

急いでお金が必要な時や出先でお金が足りなくなった時に、非常に便利な商品です。契約時に決定された利用可能額の範囲内であれば、何度でも繰り返して利用する事が出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.