カードローンとオートローンはどちらが簡単

キャッシングベスト3

消費者金融のカードローンとオートローンはどちらが審査が簡単?

先日、車が故障してしまい修理に出したところ、「もう新しい車を買った方が安くつきますよ」と言われてしまいました。燃費も悪く、型もかなり古い車なので、乗り換えるには丁度いいタイミングだったのかもしれません。その修理工の人の経営する中古車屋さんの車を購入する予定で話を聞いたところ、お目当ての車はオートローンの利用もできるので、是非、利用して欲しいと言われました。

貯金だけでは少し足りないのでローンをする必要はあるんですが、貯金を全額使えば30万円くらい借りれば済むことなので消費者金融のカードローンを利用する方法もあるかと思います。できるだけ審査の簡単な方を選びたいんですが、オートローンと消費者金融のカードローンとどちらを選んだ方が良いのでしょうか?

それぞれ特徴が違いますが消費者金融の方が簡単と思います

オートローンというのは、クレジットカードなどで有名な信販系や、ディーラー直結のローン会社の取り扱う自動車ローンになります。ノンバンクなので、銀行などのマイカーローンと比べれば、利息はそれなりに高く設定されています。しかし、消費者金融のカードローンに比べれば大きな差は無いでしょう。

オートローンの審査に必要な書類の作成はディラーの担当者などが代理にやってくれます。中古車屋でも同じでしょう。必要となる書類だけを提出して、後は待つだけです。消費者金融のように「免許証一点だけ」とはいかないでしょうが、申し込むことは比較的に簡単です。

貯金を一切使わずに車を購入するのであれば、オートローンを利用する方が良いかもしれません。もちろん、足りない30万円分をオートローンを使って支払っていく方法もありますが、30万円程度であれば消費者金融のカードローンを利用した方が、後々のメリットは大きいでしょう。

オートローンにはデメリットもあります。利息の高さ、車の名義、繰り上げ返済ができない、というのが代表的なものです。今回は、消費者金融と比べられていますので「利息の高さ」は無視します。車の名義と、繰り上げ返済ができない点について説明をしていきます。

オートローンで車を購入した場合、ローンを完済する迄は、車の名義はローン会社になります。車検証に記載される車所有者は貴方ではありませんので注意しておきましょう。「車の所有者はローン会社、車の利用者は貴方」という記載になります。通常に乗るだけなら問題はありませんが、ローンが残っている状態で乗り換えや売却などを自由にすることはできません。

オートローンは繰り上げ返済ができません。繰り上げ返済を認めているオートローンもありますので、絶対にできないとは言い切れませんが、殆どのケースで繰り上げ返済を認めてくれません。30万円程度の小額のローンであれば、余裕が出た月に大きく返済したいと思う人も多いかもしれません。流動的な返済を考えているのであれば、オートローンを組む際は注意をしておきましょう。手数料や違約金などで、利息以上の金額を払わなければいけないケースだってあります。

質問者様が、本当に貯金を全額使って購入するつもりなら、「消費者金融に申し込んで、ダメならオートローンを利用する」というスタンスの方が良いかと思います。消費者金融のカードローンであれば、使い方は自由ですし、繰り上げ返済はいつだって対応してくれます。もちろん、車の名義も購入日から自分になります。

消費者金融の借金とオートローンには関係がある

一般的に消費者金融で借金を持っているとオートローンを組みずらいと言われます。これは逆のケースも同様です。もし、これから車を購入するためにローンを検討しているなら、先に借金は完済しておくほうが何かとメリットがあります。

借金を持っていますと、オートローン審査でそれが影響してしまいます。逆の場合は車のローンがあることで消費者金融から融資を受けにくい状況になります。つまり、金融商品はなんであれお金を借りる時の審査というのはすでに持っている借金があることで、その借金も踏まえた上で新規分のお金を返済できる能力が必要となるため、より高い収入が必要となるわけです。

しかし、例えば現在持っている借金の金額が少額の場合はこれからオートローンを組んだり、消費者金融から借り入れをする場合でもさほど大きな影響はないので審査は通りやすくなります。

借金を返済しておくほうが良い理由を返済から説明しますと、2つの金融商品でお金を借りると単純に2つの返済を同時に進める必要があります。それぞれの返済計画で少額返済に設定することはできますが、それでもやはり2つを返済していくのはなかなか大変です。借りている金額にもよりますが、ネックとなるのは利息です。少額返済をしても借りている金額が高額だと利息が結構高くなります。少額返済をしてその金額の大半を利息でもっていかれるので、なかなか元金が減りません。結局、2つの返済は両方とも長期返済となるケースが多いです。
(⇒融資は借りる前に返済計画を立てよう

これから車を購入するなら、借金は極力返済しておくことが最大のポイントであり、出来るだけ貯金から車の資金をコツコツと貯めておくと良いです。逆にオートローンで借金があり消費者金融から借入したい場合も同様なので、少しでも多くローン返済を行うと良いです。借金は減らせば減らすほど新規の融資で合格しやすくなるうえ、後々やってくる返済がかなり楽になり、結局は利息が安くなるので覚えておくと良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.