消費者金融で増額できない理由とはなにか

キャッシングベスト3

誰もが簡単に消費者金融で増額できない理由とは

掲示板や仲の良い人たちとネット上でチャットなんかをしていた時、よく消費者金融で増額できない理由ってなんだろう?という話が出ていました。それは消費者金融で増額ができない理由がわからず、ほとんどの人が一度は審査で蹴られている事があったからです。

どんな人でも簡単にできないと思うんですが、どうして消費者金融の増額というのはそこまでレベルが高いのでしょうか。あまりにも難しいと利用しづらくなってしまうと思うのですが…

消費者金融で増額ができない理由の多くは保証の問題だ

消費者金融で増額できない理由というのは幾つもありますが、基本的に一つにまとめられるでしょう。それが保証できるかどうかという点にあります。10万円の貸出と100万円の貸出ではそれを保証できるかどうかが違ってきます。

例えば10万円の貸出をするとなると、10万円のお金を返済できるかどうかになります。10万円だと1万円ずつ毎月返済をしたらだいたい金利も合わせて1年も経てば十分返済することができます。しかし100万円となると10万円ずつ毎月返済しないと1年で返済し切る事はできません。そうなると保証もかなり難しくなるでしょう。

つまり保証をしてもらうための年収がかなり高いであるとか、年収だけではなくそれを毎月ちゃんと貰えるかどうかという確証が得られるかどうかについても、関係してきます。保証会社が保証ができるかどうかは年収や現在の借入状況、ブラックになったことがあるかどうかなどについても色々と関係してきていると言われています。

そしてこの保証会社の審査が非常に難しいために、なかなか増額申請が通らないというわけです。増額申請を通したいのであれば、この保証会社の保証に通るようにしなけれればならないのですが、たいていの業者は独自ルールを作っているので、それがだいたい年収の半分以下までしか保証しないようになっていると言われています。

このようなルールが実は裏であると言われているので、なかなか通らない人が多い、というわけです。どうやってもそれ以上は難しいので、年収を上げたりするしか方法はないでしょう。

【参考ページ】
消費者金融の増額が難しいならコツについてチェックしよう

あなたが消費者金融で増額できない理由はこれ!

消費者金融で増額できない理由は3つあります。1つは信用情報がブラックになっている為、2つは他社でお金を借りている為、3つは返済能力が低い為、この3つのどれかに当てはまることが非常に多いので参考にすると良いです。では、それぞれの理由における対処方法を紹介します。

1つ目の信用情報ですが、基本的に金融会社でお金を借りたことがあると、返済でトラブルがあるかどうかはすべて記録に残ります。代表的な例として、返済できなくなった人が債務整理を行うことがありますが、これも記録に残ります。記録に残っているので審査では必ず信用が見抜かれてしまうので信用情報がブラックだと増額できません。信用情報が元に戻るまでに数年かかることが多いですが、信用を取り戻すしか方法はありません。
(⇒自己破産後の融資はしばらく控えよう

2つ目の他社でお金を借りている場合は現在持っている借金の総額とこれから増額する金額を総額として考えます。そのうえでどのくらいの返済能力が必要なのかを判断されるので、簡単に言えば借金を持っているほど高い収入がなければ合格できないということです。対象方法はとにかく借金を減らすことです。借金を減らすことには多くのメリットがあり、増額に関するメリットでは他社で借りてた限度額をこれから増額する金額に回すと考えれば、利率を下げることに繋がるので非常に大きなメリットになります。(参考ページはこちら→増額で金利まで優遇される理由

3つ目の返済能力はすでに現在の限度額が自分の返済能力では最高額ということです。つまり、増額したいなら収入を上げるしかありません。しかし、年収がいくらあればいくらの限度額が認められるのかは各社によって判断基準が異なるので、増額できないなら2社を併用するほうが総額としては大きなお金を借りれるケースがあります。どうしても借入額を増やしたいなら2社目で小口融資の申し込みをしてみると良いです。

このように消費者金融で増額できない理由は3つあるので、どれかに当てはまる人はそれぞれの対処法を参考にすると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.