消費者金融で増枠を申し込むタイミングについて

一年くらい前に消費者金融のカードを作りました。それ以来特に用がなかったので使わなかったのですが、今度まとまったお金を用意したい用事ができてしまいました。借りれば何とかなるだろうと思ったのですが、カードの限度額を確認したら、必要な額に足りません。増枠というものができるとネットで知ったのですが、どうしたらできますか?タイミングも大事だと見ましたが、いつなら申し込んで大丈夫でしょうか?
(⇒先にカードローンを作っておく事の利点

増枠したいなら一定期間の利用が必要

契約なさっているのが大手消費者金融でしたら登録制のメールサービスがあると思うのですが、登録はなさっていませんか?登録していれば、増額の条件を満たしたときにメールが来ます。登録はしているけれどメールが来ていないようでしたら、申し込んでも良い結果は期待できないでしょう。登録されていないのでしたら、試しに申し込みをしてみてください。申し込みはネットの会員サービスあるいは電話でできると思います。(参考ページはこちら→融資額の増額は待つ姿勢も大事

増枠のタイミングとしてよく言われるのは、利用を続けて半年から一年程度経ってからです。もちろん借入先によって違いますので、可能性があるともないとも一概には言えません。ただ、まったく借りていなかったり、返済に遅れがあったりすると、契約から何年経っていても増枠は難しいでしょう。増枠は一度申し込んで審査を受けると、再び審査を受けられるまでに多少時間がかかります。あまり自信がないようでしたら、申し込みの前に増枠の条件を満たしているかどうかだけ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

消費者金融の増枠は、どんなタイミングで申請するのが良いか?

消費者金融でカードローンを初めて申し込むときは、基本的に、そんなに多額の借入枠はもらえません。例え信用情報に問題はなかったとしても、やはり初めての顧客ですから、消費者金融側にとっても、リスクがあるのです。年収が高いのに返済ができない人もいれば、年収が低いのに計画的に遅滞なく返済できる人もいます。いわば、年収の問題よりも、人間の問題で、まず最初はあまり相手を信用できないのです。日常生活の人間関係と同じです。しかし、そのままの借入枠では、足りなくなってくることもありますよね。返済はキチンとするから、もっと借入額を上げくれないものかと。増枠というものですね。

この増枠は、申請すれば可能です。ただし、最初の申し込み時点よりも信用度が上がっていることが前提です。信用度が上がっていれば、上がった分だけ増枠が可能、というイメージです。では、どうやって、どんなタイミングで増枠の申請をすればよいのでしょう。

まず、信用度を上げるためには、きちんと遅れずに契約通りの返済をしなければなりません。一回たりとも遅れないようにしてください。返済がきちんとできる人という印象を与えてしまえば、信用度は上がります。なお、返済するためには、お金を借りなければなりません。お金を借りてくれないと、消費者金融の売り上げにはなりません。お金を借りて、そして返す、ということをしっかりと行ってください。

そして、そうした流れを、最低でも半年は続けましょう。半年間、優良顧客とであれば、信用度が上がります。そのタイミングで増枠の申請をするのが良いでしょう。もちろん、1年、2年とそういった流れを維持してから申請すれば、より大きな枠をもらえることもあります。半年以上たって、もし必要ならば申請する、と言ったスタンスが良いでしょう。

また、優良顧客を長い間続けていると、消費者金融のほうから、枠を上げないかと営業の連絡が入ることがあります。こうなるとラッキーです。枠が上がると、金利が下がるからです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.