転職後、消費者金融で増額してもらうには?

キャッシングベスト3

転職後、消費者金融での融資は増額してもらえるの?

今までパートだったので、収入は月11万円あれば良い方でした。最近、もっと身入りの良い仕事に転職したのですが、転職したら消費者金融で借りられる金額は増額してもらえるのでしょうか?

増額してもらえる可能性はあるが、時間がかかる事を覚悟すべき

消費者金融でお金を借りる際、利用限度額というものがあります。昔はよく50万円まで借りられる、という話がありましたが、現在は法律改正による総量規制のため、債務者の年収の3分の1の金額のみ融資可能となりました。つまり、債務者が転職して年収が増額されれば、融資してもらえる金額が増額される可能性も十分に考えられます。では、いつどうやって増額されるのか?という事を見ていきましょう。

まず、増額の対象になるお客様というのは、毎月きちんと返済している人です。その中でも、例えば毎月25日が返済予定日なのに、20日のうちに前倒しで返済をしてくれる人。もしくは実際の返済額よりも、大きい金額で繰上げ返済している人が対象になりやすいです。大抵の場合は、社長が優良顧客をリストアップして、社員に増額を案内する電話をかける指示をする事が多いそうです。(参考ページはこちら→増額は相手からの連絡待ちもアリ?

そして増額のタイミングですが、さすがに1ヶ月や2ヶ月では良いお客様なのかどうか判断し難いので、3ヶ月~半年ぐらい様子を見てから増額の案内をしているという事です。だから転職した人で増額して欲しいと思っている人は、まずは転職した事を消費者金融の会社に知らせる。そして最低でも3ヶ月~半年は前倒しの返済や、繰り上げ返済の期間を作る。これが第一の条件です。

そして増額の申請を何度も短期間のうちに繰り返すと、「増額して欲しいという事は、お金に困っているのかな?」と思わぬ誤解を生んでしまう可能性があるので、短期間のうちに増額の申請を繰り返さない事が必要です。そして契約後に転職をしていれば、転職後の職場の情報で審査をされますので、再度在籍確認の電話がかかってくる可能性もあります。

転職して消費者金融から融資の増額を受ける方法

転職をすると勤務先の情報が変わります。すでに消費者金融で契約をしているなら、まず転職後は勤務先情報の更新をしなければなりません。新しい勤務先の住所に更新をして収入証明も必要なら再提出することになります。(参考ページはこちら→収入証明が必要となるケースについて

このように転職後にしっかりと情報を更新しておきますと、何も問題なく増額の融資を受けることが出来ます。しかし、増額の申請を出す時に情報更新していなければ、先の情報更新するように言われることがありますし、申請できないことがあります。

仮に情報を更新せずに増額申請をだしてそのまま融資を受けることは可能かどうか?これは結局のところ、収入証明から勤務先が登録情報と異なることを見抜かれてしまいますし、在籍確認されてしまうとアウトです。信用を落とすまでには至りませんが、やはり登録を更新するように指示されてしまいます。

消費者金融で登録更新するのは非常に簡単なので、時間があるときにしっかりと登録を更新しておくと良いです。登録更新の方法は消費者金融へ電話でもメールでもどのような連絡方法も良いので、とにかく連絡を入れると良いです。そうすれば、登録更新の方法をしっかりと教えてもらうことが出来ます。

登録更新は時間がかかるものではありませんし、契約している会社によっては公式サイトから簡単に情報を更新できます。上記のように転職した場合は収入が変化するので、しっかりと登録情報を更新しておかなければ融資を受けれないこともあります。また、引っ越しをして住所や電話番号が変わった場合もしっかりと登録情報は更新しておく必要があります。そうしないと消費者金融からの連絡を受けることが出来ないので、返済トラブルに繋がったり低金利サービスのお知らせなどを受け取れません。

基本的に登録情報の更新を行うタイミングに決まりはないので、自分の時間があるときに行うと良いです。増額をしたいならそれまでにしっかりと情報を更新しておくことが大事です。

【参考ページ】
融資の増額の基礎を学ぶ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.