消費者金融は何歳まで借りれるんでしょうか?

30代の無職男性です。大学時代に会社を立ち上げて、一時期は羽振りよくやっていたのですが、その後倒産となり、若干心を病んでしまいました。今は実家に戻って療養中です。仕事を探してはいますが、何度か面接に落ち、やはり自分でやりたい気持ちが強いです。そのための資金を親に借りてほしいのですが、70歳でも消費者金融から借りられるでしょうか?もちろん返済は私がします。前の会社経営のときに借金をしてブラックになってしまったので、自分名義では借りられないんです。親には住宅ローンやその他のローンなどはありません。年金の他にパートで月7万円ほどの収入もあります。
(⇒融資を使ってブラックリストになってしまう原因を探ろう

消費者金融で借りられるのは60代まで

消費者金融の借入には年齢制限があります。だいたいどこも満20歳以上で、上限の年齢は会社によって異なります。多いのは、満64歳とか満69歳まで、というものですね。つまり65歳、70歳の誕生日を迎えてしまうと、新たな借入はできなくなります。70歳以上で貸してくれる消費者金融は、まずないと思いますよ。他の金融機関でも、無担保での借入は難しいでしょう。
(⇒通常の消費者金融利用なら無担保になります

担保にできるような不動産があれば、不動産担保型のローンで借りられると思うのですが、お持ちではないしょうか? あとは年金を担保に借りられるローンも存在します。ですが、30代のあなたが現状働いていなくて、70代の親御さんが借金をするというのは、あまり良くはありませんね。仮に親御さん名義で借りられたとして、思うような収入が得られなかったらどうなさるおつもりですか? あなたが独立する資金はあなた自身で調達されるのが道理だと思うのですが。

利用前に知りたいこと。「消費者金融は何歳まで借りれる?」

消費者金融では二十歳以上の安定した収入がある人に対して審査が行われ、審査の結果問題が無いと判断されたのであれば、事前に定められる限度額の範囲内で融資を受けることが可能になります。もちろん借金である以上は利息をつけて返済することが必要になりますが、収支バランスを考えた上で利用をすることができれば非常に便利な存在になってくれます。

ですが利用をする前に知っておきたいこととなるのが「消費者金融は何歳まで借りれるのか」ということです。消費者金融では貸し付けたお金が返済されなくなるというリスクが最も嫌われます。収入が無い人に対して融資が行われないというのはまさに、この「返済されない」というリスクが大きいからということができますが、あまりにも年齢が高すぎる場合には、どれだけ収入があったとしても融資を断られてしまうことがあるのです。

それはなぜかというと、人は年齢を重ねていけば、それだけ死亡利リスクが高まるからです。例えば30歳の人に対して貸付を行うというような場合であれば、収入に問題が無く、また特別な健康上の問題などを抱えていないのであればその人が返済不能に陥るリスクはごく小さいと考えることができます。しかしこれが90歳を超えた高齢者の場合には、収入が問題なかったとしても、死亡による債務者不在の状況が招かれることがあるのです。

そして万一債務者が亡くなってしまった場合、遺族が借金のことを知らなかったのであれば、相続をめぐってトラブルが発生することも考えられます。こうした事情があることから一般的に、消費者金融では借り入れができる年齢に上限が化せられていることが多いのです。

それではその上限は何歳になるのかというと、これはそれぞれの消費者金融の規約によって異なってきます。ですが銀行系ではない一般の消費者金融であれば、満69歳までは借り入れ審査を受けることができるというのが一般的になっています。とはいえ中には消費者金融であっても満65歳や60歳までといったように定めている場合もありますから、消費者金融を利用したいという場合には上限年齢を確認するように心がけましょう。

【参考ページ】
消費者金融を使い初めて使い終わる年齢というのを想定してみよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.