中小消費者金融の年齢制限が知りたい

キャッシングベスト3

中小消費者金融の年齢制限について

中小消費者金融での、年齢制限について教えて下さい。現在60代と70代半ばの夫婦です。年金だけでは心細いので、借入を検討していますが、大手の消費者金融では年齢で断られてしまいました。

中小消費者金融では74歳まで貸してくれる企業もある

若い時は気にも止めませんが、年を取ってくると年齢制限がありとあらゆるところで引っ掛かり始めますよね。仕事でもそうですし、お金を借りたい時だってまた然り。大手・中小を問わず、消費者金融の年齢制限について調べる良い方法があります。それは公式ページに「借入可能かどうか?」早いものだと3秒ぐらいで診断できるコーナーが設けられている事があります。そのコーナーを見つけたら、早速診断を受けましょう。例えばアコムやプロミスではその名の通り、3秒で借入が可能かどうか診断できるページがあります。そのページでは自分が生まれた年と、性別。そして既婚か未婚か?他社からの借入状況はあるのか?という事を入力します。

その後ボタン1つ押すだけで、融資可能かどうか?という事が分かります。もちろん融資が決定されたわけではないので、本当にお金を貸してもらえるかどうか?という事は実際に申し込んで審査を依頼しなければ分かりません。そしてこの時、気を付けて欲しい事があります。それは、年齢を入力するフォームをよく見て欲しいのです。3秒診断のフォームには、自分で生まれた年を手入力する場合と、既に用意されている年から選んで入力する方法があります。そして予め用意されている数字を見ていくと、例えばアコムでは一番下に1944(昭和29)年と書かれています。つまりアコムでは、この年齢よりも年齢の高い人は融資不可能という事です。

中小消費者金融についても、同じ事が言えます。大手にしろ、中小にしろ、年齢制限がある事は避けて通れないのです。大抵の消費者金融では、特に大手では、貸付の出来る年齢の上限を65歳までとしています。そして中小の消費者金融では、例えば地域密着型の企業では、65歳以上74歳までと定めているところもあります。しかしどちらも年齢制限があり、その年齢からはみ出てしまったら借入は出来なくなります。貸す側も返済能力を考えて貸付をしていますので、年齢が高過ぎると貸付が出来ない。という決まりは致し方ない部分もあります。

70歳以上でも借りられる!緩い中小消費者金融の年齢制限

どの消費者金融にも共通しているのは、年齢制限を設けていることです。設定している年齢には若干の違いもありますが、年齢を制限せずに貸してくれるようところは絶対にありません。それでは、なぜ年齢制限を設けているのかというと、返済不能になる貸し倒れを防ぐためです。貸したお金が返ってこないと、消費者金融は大きな痛手を受けます。年齢制限は、業者が自身を守るためにあるといえるのです。

年齢制限の下限は、ほぼ20歳です。しかし、中小消費者金融の年齢制限の場合は、サービスによっては10代でもお金を借りられます。中小消費者金融の年齢制限で20歳未満でも大丈夫なのは、学生専用サービスの場合です。このサービスを使えば、高卒以上の10代ならお金を借りられます。10代がお金を借りる手段はなかなかありませんから、20歳未満の人にとっては大助かりでしょう。

学生専用のサービスは、大手の消費者金融ではほとんどありません。ですが、中小の消費者金融では、学生向けのサービスは展開されています。20歳未満だけどお金を借りる必要があるときには、利用してみるのも良いでしょう。ただし、絶対に頼りすぎないようにしてください。

年齢制限の上限には、下限と違ってかなり幅があります。大手の消費者金融なら65歳ぐらいになっていて、比較的緩くても69歳です。中小消費者金融の年齢制限も、大抵は65歳から69歳の間かどちらかになっています。しかし、中小消費者金融の年齢制限が70歳以上になっていることも、珍しいことではありません。もしお年寄りが消費者金融でお金を借りたいなら、中小の消費者金融を中心に探してください。(参考ページはこちら→高齢者が融資を使う場合の注意点

中小の消費者金融は、大手に比べて利用者がほとんどいません。ですから、利用者を増やすために中小消費者金融の年齢制限は、大手に比べて緩くなっています。年齢制限を緩くするほど貸し倒れの危険性は高くなりますが、その危険性を背負ってでも、融資先を探しているのです。
(⇒中小消費者金融はどんな人まで借りられるのか

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.