消費者金融を利用できる年齢層を知りたい

キャッシングベスト3

消費者金融でお金を借りれる年齢の幅は何歳から何歳までですか?

私の家ははっきり言って余り裕福ではありません。働ける人間は全員住み込みで働いて高熱費を浮かせていますが、それでも祖父の事業が失敗して、お金が足りない日々が続いています。

どうにか現状を変えようと、17歳の弟と、祖母が消費者金融を使ってでも家計を助けたいと言っています。これがどのような結果になるか分かりませんが、そもそも未成年や高齢者は消費者金融を使えるのでしょうか、つまりは、融資可能な年齢の幅は何歳から何歳くらいまでなのでしょうか?

ほぼ全ての会社が「20歳から65歳まで」と規定しています

法改正により、「安定した収入がある人のみ」が借りられるようになったのです。つまり学生や主婦、年金生活者は消費者金融を使う事は非常に難しいのが現状です。まず、なぜ20歳なのかの明確な説明をしますと、未成年は「契約」をすることができないという法律があるからです。無論、学生ローンなどはあるのですが、20歳以上でアルバイトをしているかが審査項目にあるものなのです。19歳の学生ですと、いくら借りても親に話が行った瞬間に、反故にできるので、消費者金融サイドからは上得意とは言えないのです

また、高齢者とりわけ65歳以上が借りられない理由は、病気・怪我、言葉は良く無いでしょうが、お亡くなりになった際の回収ができなくなる可能性が高いからです。しかし、近年では主に銀行系のカードローンならば、65歳でも貸し手てくれます。なぜならば監督者や技術者として会社に残るような社会が構築されつつあるからです。また、消費者金融系でも安定した収入(不労所得など)さえあれば、69歳までなら貸してくれるという会社も大手から中堅まで多々あります。

未成年者にあっては、結婚をしていれば成人扱いになるとされているのですが、中々審査は厳しいと言うのが現状です。もちろん、学生時代に起業してお金持ちになっているという極端な例なら話は別でしょうが。いずれにせよ・何歳にせよ、「貸したお金が利息付きで戻って来る公算が高いかどうか」で消費者金融はターゲットを選択しています。若過ぎても、高齢者過ぎても難しいようです。

【参考ページ】
年齢に関わらず融資の希望がある業者とは?

消費者金融で借りれる年齢はいくつからいくつまでか

消費者金融を利用するとき、利用条件を見てみると20才以上から69才ぐらいまでの、安定した収入のある人とあります。それ以外にも当社の審査基準を満たすものであったり、定期的な収入が見込める人などといった条件があります。(参考ページはこちら→消費者金融の融資が受けられる詳細な条件について

ですから20才以下の未成年は利用できません。例えば学生の場合ですが、20才以上で、アルバイトなどをしており、安定した収入があれば申し込みができます。

しかし学生でも20才以下の場合は、利用できません。中には学生ローンというものがあり、そこですと中には18歳以上の学生であれば利用できるところもあります。しかし未成年者の借り入れは保護者の同意が必要です。これは貸金業法のきまりではなく、民法で決められている法律なのです。ですから消費者金融だけでなく、銀行であっても利用できません。

未成年者はまだ保護者の監督下のもとにいることになっていますし、まだまだ考え方が未熟だったりします。ですから悪い手口に騙されないように、民法によって未成年の借り入れに制限をくわえて、守っているのです。

では70才以上の人はなぜキャッシングを利用できないのでしょうか。実は殆どの70才以上の方が、年金生活を送っています。キャッシングをして、年金で返済するのは厳しいと考えられます。こういった理由で70才以上の方はキャッシングを利用できないことになっているのです。もちろん中には、年金を担保としてお金を貸す業者もあります。

ちなみに60才であっても、年金生活であると利用は難しいです。なぜなら年齢条件はクリアしていても、安定した収入という点に引っ掛かるからです。

結局借りれる年齢というのは、安定した収入、決まった給料が見込める年齢でもあるのです。もちろん中には例外もあります。ですが、こういったきちんとした年齢制限を設けている消費者金融は、きちんとした会社と見なすことができます。キャッシングを利用するのであれば、こうしたきちんとした消費者金融を選びたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.