70才以上消費者金融利用者は少ないの?

キャッシングベスト3

70才以上消費者金融を利用している人はどのくらいいる?

金が足りないでお金を借りるとか最悪の場合は生活保護になるっていうことは結構多いと思うんですが、若い人たちよりもお金持ちだって言われている年齢の高い人達は借り入れをしているんでしょうか。70才以上消費者金融の利用率っていうのはどのくらいになっているものなのでしょうか。やっぱり若者よりも低いのですか?

若者と同じくらい貧困で苦しんでいる人も高齢者は多い

これはよく言われていることで、若い人たちよりも年齢の高い人たち、特に60才以上になると借り入れをしている人がいないくらい資産を貯めこんでいるという話ですが、結果的に平均をとっているだけの話です。平均ですからもちろん全くお金を持っていない人もいれば、お金持ちの人もいるというわけで、若者と同じくらい貧困で苦しんでいる人は高齢者には多いのです。

例えば年金が少ないと言われている女性のご老人は70才以上消費者金融を使っている人も少なくないでしょう。70才以上消費者金融が使えるところは少なく、中にはヤミ金に手を出してしまうような人もいます。そういった人たちは最終的に保険金を使って返済するなど、最悪の結果を迎えることになったりするのです。

ですので徐々にですが65歳までしか貸出をしなかった消費者金融や銀行系カードローンも、どんどん70才まで貸出をしたり、さらに75歳位まで貸出をするようになってきています。これを貸し出す理由は年金を担保にしているので、その年金を返済の時には最優先で返済に当てる、というような約束になっている場合も多いです。それでも生活費が足りない人にしてみると、ありがたいことのようです。

ですが70才以上消費者金融を使うというのは、別で何かのお金をたくさんもらえるわけではなく年金暮らしということになりますので、年金で支払いができなくなればそれで終わりになります。ということは消費者金融に支払いができなくなるほど借りてしまえば生活が逆にままならなくなってしまうのです。

子どもや他の人達を頼りにしながら、併用していくという方が安全に使うことができるでしょう。意外にこういう利用者は少なくないのですよ。

【参考ページ】
生活保護で融資を受ける事はできるのか?

70才以上消費者金融は申込者の収入と申し込み先がポイントです

70才以上消費者金融は、申込者の収入と申し込み先がポイントとなります。70才以上の方で、何らかの収入を得ている場合、中堅・小規模消費者金融に申し込みする事で、融資を受けられる確率が高くなります。大手消費者金融の多くは、70才以上の申し込みを制限しており、収入がない場合、審査の面でかなり厳しいです。しかし、大手以外なら借りられる確率が高くなります。
(⇒何故中小消費者金融がおすすめなの?

中堅・小規模の消費者金融が大手と異なるのは、知名度と金利と審査です。中堅・小規模の消費者金融は、大手に比べ知名度が低いため、審査のハードルが低い傾向にあります。金利は大手よりやや不利となりますが、それでも数%違うのみで、返済時の負担は、それほど大きくありません。ですので、少額キャッシングして返済を繰り返す程度であれば、問題は生じません。
(⇒大手消費者金融が選ばれる最大の利点とは?

お仕事をお持ちでない人は、ちょっとしたアルバイトでも良いので始めてみてはいかがでしょうか。アルバイトを行なって収入を確保している間に申し込むと、それだけで審査に通りやすくなります。大手消費者金融でも、事前に相談した上で、申し込みすれば、審査に通る事が出来るかもしれません。中堅・小規模の消費者金融なら融資を受けらやすくなります。
(⇒消費者金融の審査はアルバイトでも十分通過できます

注意点もあります。インターネットやDMでどんな人にも融資OKと謳っている貸金業者です。違法性の高い業者である事も考えられますので、このような甘い言葉が多い貸金業者に申し込むのは避けましょう。中堅・小規模消費者金融の選び方は、長く営業している企業を見つけるのみで構いません。申し込む前に口コミ・評判などを調べておくと更に安心できます。ネット環境をお持ちの人は、ネットをフル活用して申し込み先を探してください。

実情としては、70才以上消費者金融は多くありません。ですので申し込みしても断られる事もあります。しかし、収入があり、審査のハードルの低い消費者金融に申し込む事で、融資を受けられる確率を高くする事はできます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.