消費者金融の審査に給与明細は不要?

キャッシングベスト3

消費者金融の審査は甘いから給料明細は見せなくて良いですか?

お金を借りる時、給与明細が必要になる事も多い…って言いますよね?特に銀行から融資を受ける場合、借りる人は給与明細を見せる事でやっと収入の有無を信じてもらえる…そんな風に聞きました。うーん、もっと信じろとも言えませんが、これって事前に用意とかしてないと面倒じゃないですか?

でも、消費者金融はこういうところが結構緩いと聞いているので、もしかして消費者金融の場合だと、給与明細をわざわざ用意する必要が無かったりしますか?私も数人程度の会社とは言っても、給与をもらって明細も発行されていますので、用意出来ないわけではありません。ただし、結構もらってもいい加減に管理してしまっているせいか、正直すぐに用意できるかどうかで言えば…自信が無いです。適当な奴ですみません…。
(⇒消費者金融は何故緩いと言われているのか

それとこれとは別なので必要な事もあります

消費者金融は銀行に比べて審査が甘いから、その分他の事に関しても緩いと思われているみたいだね。例えば銀行だとブラックリストなどだと絶対に貸さないけれど、消費者金融の一部はブラックリスト状態であっても、融資してくれるところがごく少数と言えど存在していると言われている。なるほど、緩いと言われるのも納得できそうな事実だ。

ただ、審査が甘いのが審査が適当という事に繋がっていると思い込むのは、待って欲しい。消費者金融も銀行も今は審査がとても早いし多くの人に融資を行うようになっているけど、それはシステムなどの最適化を進める事で得た賜物だ。審査内容として見ている部分や必要なことというのは、実は昔から変わっていなかったりする。それどころか、見落としなどは昔以上に減っていると思って良いだろう。

だから、必要な提出書類が一切必要無いなんていうのは、あり得ない。消費者金融も借りる額によっては収入証明を不要としてくれる事があるけど、それだと大金は用意してもらえないだろう。もしもたくさんお金を借りたいというのなら、相応の書類…今回言った給与明細が必要と言われたら、それをきちんと提出しないと貸してはくれないだろうね。審査が甘いといっても、きっちりと必要な事は抑えているのが今の消費者金融の審査方法ってわけさ。

消費者金融の場合、目安としては50万以上の融資希望にて給与明細などが必要になるみたいだ。自分の希望額と照らし合わせておいて、必要そうなら事前に用意しておくと素早くカードローンがもらえるだろう。

【参考ページ】
消費者金融の審査で絶対に必要になる書類とは?

給料明細の提示で在籍確認とする審査の甘い消費者金融もある

子供は成長するにつれて、お金がかかっていくものです。小学生になり、何か習い事を始めたり、中学生になり、部活の費用がかさんだり、高校生になり、大学時受験予備校に通ったりと、徐々にお金がかかっていくのです。それに応じてお父さんの給与も上がっていけばよいのですが、そううまくはいきません。景気はそんなに急成長しないのです。給料はゆっくり上がっていくでしょうが、子供のお金のかかり方には追い付かないのです。

そして、大学受験を迎えます。大学受験では、まず受験料がかなりかかります。私立大学だと、1校当たり3万5千円から4万円と言ったところが相場です。これを、多い人だと10校程度受験します。さらに、合格したら入学金と、半期分の授業料がかかります。一括で払うのが普通です。長期的、かつ計画的に預貯金をためていた家でないと、相当苦しくなりますよね。苦しいと言うよりも、もはや借入れをするのが普通です。銀行などの教育ローンもありますが、借りられるかどうかわかりません。借りられたとしても、全額を賄える金額は借りられません。

結局、現実的には消費者金融などのカードローンを利用するしかないのです。カードローンを契約しておけば、普通のサラリーマンであれば、受験料から1年分の授業料くらいは借りられるでしょう。これをゆっくりと返済していくことになります。消費者金融とはいえ、もちろん審査があります。勤務先や収入、家族構成などを申告する仮審査と、信用情報の総合や勤務先への在籍確認を行う本審査があります。これらをすべて通過すれば、カードローンを組むことができます。
(⇒カードローンの事前契約は有効な方法です

なお、会社への電話、すなわち在籍確認を嫌がる人がいます。原則として拒むことはできないのですが、最近では会社名の入った給料明細の提示をもって在籍確認とするなど、かなり甘い審査体制になっている消費者金融があります。在籍確認は、極度に拒むと逆に疑いをかけられるため、可能であれば素直に受けるようにしたほうが良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.