借入限界額を超えて融資は受けられる?

キャッシングベスト3

消費者金融の借入上限額を最高額以上にはできませんか?

消費者金融の借入上限額ですが、大体500万くらいですよね?普通の人にとってはそれで十分かもしれませんが…この上限を超えてお金を借りることって、できませんかね?

私はいわゆるデイトレーダーというのをしている者です。株の動きもありますが、一日にして一千万近く儲けた事もあり、自前でもかなりの買い付け余力があります。しかし、かなり大きな株の動きがあると独自の情報網から仕入れており、それに勝負を賭ける為に大量の資金が必要です。その資金を融資で使ってもっと増やしたいのですが、消費者金融で借りて補おうと今は考えている最中です。

500万でも確かにありがたいですが、見返りを考えるともっと欲しいです。この借入最高額を超えて借りる方法がありましたら、何としても教えて下さい。一世一代の勝負がしたいのです。

カードローンにて最高額を超えて借りる事は不可能です

デイトレーダーか…その日のうちに持ち株を全部売って利益を出し続けるというのは、並大抵の努力と神経では無理だよね。一分一秒単位で画面を見ていないといけないし、それで失敗すれば一気にお金が無くなる事もあるから、それで勝ち続けているというのは素直に大したものだと思うよ。

そういう危ない世界だから、正直融資を使って失敗する事を考えるとおすすめはできないけど…デイトレーダーというのは勝負事だから、ボクが止めても無駄だろう?だから、せめて質問に答える事で協力するしかないから、疑問に対して答えていくよ。

消費者金融のカードローンだけど、これは限度額で設定されたのが500万だとしたら、その金額が最高額で頭打ちになっていると思って良い。そもそもそうした限界を決める為に最初から限度額を表示してくれているのだから、臨機応変に融資を行っているというのなら、そもそも限度額については明記が不要だろう。だから、消費者金融で500万以上借りるというのは、おそらくほぼ不可能と思って良いだろう。消費者金融で500万というのは最高クラスの額だから、それ以外だとせいぜい300万くらいになってしまうからね。

そもそも、500万の融資を受けるという場合、年収が1500万以上必要という事になっている。これは総量規制という決まり事によって定められたものだから、簡単に覆す事はできないんだ。デイトレーダーなら1500万以上年間に稼いでいるかもしれないけれど、あまり良くを出し過ぎず、融資を使ってまで勝負せずに余力内でやってみてはどうだろうか?損失が出てから融資で補填、という風に考えても良いと思うしね。

消費者金融における借入上限額の設定について

現在の日本社会において最も簡単にお金を借りる方法の一つにカードローンを利用したキャッシングがあります。このカードローンというのは銀行をはじめとする様々な金融機関から提供されているサービスの一つで、ローンカードと呼ばれるカードを利用して最寄りのATMから現金を引き出すキャッシングと呼ばれるサービスを受けることが出来ます。

このサービスの契約は非常に簡単であり、金融機関に出向くことなく自宅にいるままで契約を完結させることも可能なほどなのです。その仕組みとしては、インターネットを活用して必要な情報を収集することと、従来借り入れ希望者側が対応しなければならなかった保証人や担保などの問題を第三者機関である保証会社が担うことが出来るようになったことが大きな要因になっています。このことにより契約手続きは非常にシンプルなものになり、保証会社が保証人の役割を請け負うことが出来れば即契約成立とすることが出来るようになったのです。

この様な契約をしているのは主に銀行と消費者金融です。しかしこれらは似たようなサービスでありながら、規制を受ける法律は異なっています。銀行は銀行法ですが、消費者金融は貸金業法という別の法律によって規制を受けているのです。貸金業法には総量規制と呼ばれる決めごとがあります。この総量規制は年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはならないというものです。そのため消費者金融では年収を証明する必要があり、その③分1を超えない範囲での契約しかすることはできないのです。一方で銀行は銀行の裁量により同様の規制の外で契約をすることが出来るのです。

しかしこと借入上限額を考える場合、銀行と消費者金融にはそれほど大きな差は存在していません。どちらも返済の可能性がない相手に貸してはならないと言うだけですので、本質的にはそう大きく変わるものではないのです。消費者金融の場合は10、50、100万の様に一定の間隔で契約が出来ることが多くなっていますので、年収の3分の1を超えない上限での契約を選ぶことになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.