借金もないのに消費者金融の審査に落ちる

キャッシングベスト3

夫が他に借金もないのに、消費者金融の審査を通過しないんです

今回義両親の介護費用に一括したお金が要った為、夫が消費者金融に申し込みをし審査を受けました。ですが、他に借金もないのに通りませんでした。何か他で借金がないか問い詰めましたが、本当にないんだそうです。私は夫にだまされているのでしょうか?

全く借金した履歴がないことも、審査が通らない理由になります!

借金って言っても一概に消費者金融だけではないです。例えばクレジットカードでのお買い物。お金を払わないで物を買い、後にお金を払う。そんな借金の利用履歴もない。履歴が何もない人。借金した事がないんだから、信用できるに決まってるじゃないと思った貴方甘いです。

実は破産を経験した人の履歴も何もないんです。破産をして債務整理をすると、数年その履歴が残り、その間クレジットカードや、消費者金融での利用ができません。つもり履歴がその間何も発生しない。数年すると破産した履歴自体も消えてしまうと、何もない履歴が出来上がります。借金をせずつつましくしている人も審査に通らない事になるのです。

逆にご結婚されたのがいつかわかりませんが、現状借金がないとしても、まとまったお金が必要な時に消費者金融の利用が必要な程貯金がない。実はご主人が結婚前や知らない間に、破産を経験してその履歴が残っている可能性もあります。債務整理されている場合も、借金は0になっている、という事は嘘ではないのです。

心配していても仕方ありませんから、ご主人名義のクレジットカード等がありましたら、それで高額で無くていいのでお買い物等をしてください。少ししてから今回と違う消費者金融に再度申し込んでみましょう。違う結果が得られるかもしれませんよ?

カードローンの消費者金融審査通過しない原因

カードローンの消費者金融審査通過しない原因は、年収が少なかったり、勤続年数が少なかったり、さまざまな要因が考えられます。カードローンの利用において大切なことは、一定の金額を収入として得ていることであり、それが長期間維持し続けることができるか、ということです。これが安定した返済につながるために、審査においてはこの能力があるかどうかを判断されるのです。

年収が大切なことは、年収が少なければ安定して返済をすることができないと判断されるからです。カードローンを利用するのならば、返済を行うためには利用した金額以上の金額を支払わなければなりません。そのため収入がカードローンの利用額より多くなければ、返済を行うことは難しくなってしまうのです。なので一定の基準を満たす年収が無ければ、利用することが難しくなってしまうのです。

勤続年数が重要なのは、カードローンはその性質上、長期間にわたり利用し続ける金融商品だからです。ほかのローンとは違い、返済が終わったのならば、そこで契約が終了するわけではありません。また新しく借入を行うことができるために、何度も利用することができるのです。そのたびに新しく審査を行うわけではないために、最初の審査において支払い続ける能力があるか、ということを判断しなければならないのです。その時に勤続年数が役に立つのです。

勤続年数が長ければ長いほど、この先も職場を変えずに安定した収入を得ることができると、期待されるのです。そのためカードローンを利用し続けても安心だということが判断できるのです。なので勤続年数は重要になるのです。

またこれらに加えて、他の企業から既に複数のカードローンを利用していないことが前提になります。既にたくさんカードローンを利用している場合には、審査から落とされてしまうのです。また何回も支払いを拒否し、ブラックリストに載っている場合にも、審査に通らなくなってしまいます

【参考ページ】
消費者金融の融資に通過する条件とは?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.