もうブラック情報は無いずなのに消費者金融で審査が通らないなぜ

もう10年前以上に多重債務で一度は整理してしまったんだけど。もう信用情報にも載っていないはずですし。

独自に情報を収集している業者だと借入れ出来ないかも

以前消費者金融から借り入れをしてブラックになり多重債務の人が債務整理をした記録って、6年ぐらいは様子をみたほうがいいかもしれませんね。信用情報にいつまで残っているかって、約5年とは言うけれど。でも、債務整理ってことは、債権者は損失を被っているのでそういう破産者に限って、独自の帳簿なんかをもっていたりするなんて噂を聞いたきいたことがあるわ。

独自の情報といっても、外部から得た情報ではなくて契約借入れした消費者金融と利用者間での情報ということ。ブラックであっても返済し続けるならいいけど、債務整理はやっぱり融資をしたほうはイタイ話でしょ。その場合は仕方がない。

同じ消費者金融で借入れするほうが悪いわよ。本当なら別の業者にあった方が良かったわ。だって審査落ち情報も信用情報に載ってしまうんだもん。債務整理をした人でも、時期をみて借入れすることは可能だと思うは。特に目的あっての借入れなら十分審査を通せる!

あと過去ブラックで逃げ続けた人は、再度借入れ使用と時期をみて消費者金融に借入れ申請をした時は、以前の借金の請求書がくるかも。応じ方によっては返済義務が生じてしまうのでその場合は弁護士と通した方がいいわよ。やっぱり返済を重視して借入れしたほうがいいわね。

消費者金融通らないなぜ?という疑問に関する基礎知識

近年は銀行やh総飛車金融など様々な金融サービスを提供している会社から、カードローンと呼ばれる便利な金融商品が提案されています。従来型の借入の様に保証人を立てたり、使用目的を明確にして担保を提示したりするという煩雑な作業から解放され、使用目的は自由で金融機関にく必要もなく契約できるというカードローンに人気が集まっています。一方でその便利な仕組みを維持するための高い金利という問題もありますが、それを差し引いても便利な仕組みは多くの利用者から絶賛されています。

カードローンの契約は一般的にはインターネット上で行われます。信用金庫などのサービスの場合には店頭のみの場合もありますが、多くの金融機関はウェブで完結する契約を目指して様々な工夫を凝らしています。ウェブで完結するというのは借金を申し込む側としては非常にやりやすくメリットのある形です。人に見られることもなく契約が出来、実際にお金を引き出すのも近所のコンビニで可能というのが最近のサービスの形です。

しかしそんなカードローンの契約に通らないという問題があります。消費者金融通らないなぜ?という気持ちになる人も珍しいものではありません。消費者金融に限らず銀行もそうですが、カードローンの契約には一定のルールが存在しています。そのルールを満たさなければ契約することはできないのです。まずは年齢は契約対象範囲内でしょうか。もしも若すぎたり、年齢が高すぎる場合には契約対象になってい兄場合もあります。

または年収はどうでしょうか。消費者金融の倍は年収の3分の1までしか融資することが出来ないという総量規制という法律の規制を受けています。そのため安定収入がなかったり主婦の場合には契約対象外になります。また金融機関の指定する保証会社の補償を受けることが出来るという条件があるのが一般的です。この保証会社は信用情報を基に判断をしますので、信用情報に傷が付いている場合も審査に通らないことはあるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.