審査が通らない人が審査に通る方法は?

キャッシングベスト3

消費者金融の審査が通らない人が審査に通る良い方法は?

消費者金融のカードローンに申し込んだのですが、審査に落ちてしまいました。。。過去に滞納などをしたこともなく真面目にやってきていたので、正直ショックです。何が原因だったか未だに分かりません。皆さんの中にも、消費者金融の審査に、理由がわからず落ちてしまった方はいませんか?また審査に落ちてしまった人が、審査に通るようなコツや方法はありませんか?

原因なく審査には落ちません!色々と考えてみてください

消費者金融の審査で重要になってくることは、本人属性と過去の取引内容です。また、消費者金融のカードローンは総量規制の対象となります。年収の1/3を超えた金額の借り入れをすることは出来なくなりましたので、他社から既に借り入れがある人は、申し込みの際は注意しておきましょう。

審査に落ちてしまった場合は、何が原因だったか考えるようにしましょう。まず、年収と借金を比べて総量規制の対象になっていないかどうか確認してみましょう。例として、年収300万円の人の場合、消費者金融のカードローンで借り入れる金額は100万円までになります。A社から50万円を借りていて、B社から50万円を借りている人は、C社に申し込んでも絶対に借りることはできません。

次は、本人属性です。消費者金融からお金を借りる場合、安定した収入が絶対に必要になります。アルバイトやパートでも消費者金融カードローンに申し込むことは可能ですが、属性的には最低ランクの属性となります。逆に、公務員や大企業の正社員などは、高属性となりますので審査に通りやすい職業となります。

借りやすい職業は、公務員→企業の正社員→アルバイト・自営業という順番になります。アルバイトなどで働いている人は、この属性で審査に落ちてしまったケースも考えられます。職業が原因で審査に落ちてしまったと感じる人は、属性を変えるのが一番の手段でしょう。アルバイトではなく、正社員という雇用形態になってから申し込めば問題ないと思います。
(⇒公務員は融資を受けるのに最適の立場です

しかし、仕事を急に変えるというのは、すごく大変なことです。大半の方が、仕事を簡単に変えることは不可能でしょう。そのような方は、仕事は変えずに勤続年数を増やすことで借りやすくなります。3ヶ月間アルバイトで働いている人より、1年間の勤務実績のあるアルバイトの方が審査に通る可能性は高くなります。

そして、貸金業者などの金融業者での過去の取引内容も重要です。過去に返済の滞納が無いとのことでしたが、本当でしょうか?慢性的にカードローンを利用している方によくあることですが、「うっかり返済日を忘れてしまった」というケースはあります。消費者金融は、審査を行う時に情報機関から貴方の金融情報をチェックします。審査に落ちてしまったのであれば、一度、自分の目で確認しておいた方が良いでしょう。

情報の開示請求は、本人であれば簡単に行うことが可能です。また、最近はスマホの利用料金の滞納も情報機関に記録されてしまいます。

これらの取引情報は、情報の種類によっても異なりますが、最長で5年経てば消えます。過去に金融事故を起こしてしまっている方は、5年間我慢すれば問題なく審査に通るようになります。

最後は、申し込み内容に嘘がないかどうかです。勤務先の情報、金融機関からの借り入れ情報、etc。これらが違っていると審査は必ず落ちてしまいます。嘘をつく人にはお金を貸さないのは当然です。間違って記入してしまった場合も、消費者金融側は嘘を申告したと判断してしまいます。慌てずに、正確な情報を記入するように心がけましょう。

消費者金融の審査が通らないのはなぜなのか?

私たちが生活していく過程で、お金を借りなければならないシーンは必ずあります。そんなときにキャッシングやローンで生活をまかなっていくわけですが、借り入れの申し込みをする際、気になるのは審査に通るかということです。もちろん誰でも融資してもらえるわけではなく、ある一定の条件を満たしていなければ、融資を断られます。断られた場合でもその理由は教えてもらえませんので、また別の金融機関に申し込もうと思っても、また断られるのではないかと不安になってしまいます。そんな不安を解消するためにも、消費者金融の審査が通らない理由を知っておく必要があります。

考えられる第一の理由としてあげられるのが、信用情報です。信用情報とは過去に金融トラブルがなかったかの記録のことで、過去に借り入れをして、返済が滞っていたり、返済不能になったり、自己破産などといった経験をお持ちの方は、信用情報があまりよくないということで融資を断られる可能性が高くなります。しかし、この信用情報も5年から7年経てば記録は抹消されますので、自身の信用情報が気になる方は一度信用情報機関に確認してみるとよいでしょう。

次に考えられる理由として、総量規制にひっかかっている可能性があります。総量規制というのは、年収の三分の一以上の金額の借り入れができない法律で、この法律の制定により専業主婦などの無職の方の借り入れは難しくなってしまいましたし、現在他の金融機関がら借り入れをしている方は、その金額によっては総量規制の限度額を超えてしまうという理由で審査に通らない可能性があります。

これらの理由以外にも、過去に何度も借り入れの申し込みをして断られている方などもやはり信用情報があまりよくないと思われてしまい、審査に通らない場合があるようです。このように、審査に通らない理由はさまざまですが、中には審査の甘い金融機関も存在しますので、お金に困っている方は借り入れの申し込みを検討されてみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.