消費者金融で借入を断られる理由はあるか

キャッシングベスト3

消費者金融で借りられない理由はどんなものがありますか?

生活費や合コン費用で常に金欠気味です。そこで消費者金融を使って現在のライフスタイルを維持しようという考えが出てきました。

実際、収入面は良い方で返済能力は問題ないとも思っているのですが、情報などを詳しく聞いておいて、知識として蓄えたく思っています。消費者金融でお金を借りられない理由はどのようなものがあるのでしょうか?

端的に言うと、「返済能力の有無」が借入不可の一番の理由です

消費者金融を企業としての切り口から考察してみて下さい。彼らは「貸したお金を返済してもらった際の利息」で利益を得ています。つまりは、返済してもらわなければ利益が上がらないのです。無職や所得が極端に低い方、住居や電話番号を持たない方は、審査で落とされてしまう筆頭とも言えます。また、70歳以上の高齢者で年金暮らしの方も基本的には借りられません。病気・事故などの可能性が高まっていると考えれば当然だとも言えます。

加えて、過去に借入をして延滞したことがある人、自己破産や民事再生法の利用経験がある人、金属経験が少ない人も、借りられない部類に入ってしまいます。大手の審査ですと、家庭があるか、固定電話があるかという所まで調べられます。つまりは逃亡の可能性を視野に入れているのでしょう。さらに、他の金融機関で同時期にお金を借りているとNGの可能性大です。返済能力が落ちることは間違いないでしょうから。

ご質問者様は、安定した収入があり返済能力も高くあるようですので、基本的に借りられないことはないでしょう。上記のルールを良く踏まえて、計画性を持った予定を立てると、より安心して借入ができますよ

若い人が消費者金融で借りられない主な理由

若い人たちは、年配者に比べるとそんなにお金を使っているわけではないのですが、入ってくるお金が少ないために、どうしても常に金欠の状態に陥ってしまいます。お金がないのにもかかわらず、安い居酒屋に友達と入ったり、欲しい服を買ったりします。自宅でご飯を食べればタダで済むのに、ハンバーガーなどを買って食べてしまいます。そんな生活をしていると、当然、急なやむを得ない出費があった時に対応できなくなります。そういう背景があるからでしょうか、最近では若い人たちが当たり前のように消費者金融のカードローンを契約しています。

確かに、消費者金融であれば、アルバイトの身分でも、借り入れ上限額は低いものの、契約はできると言うメリットがあります。しかし、消費者金融とはいえ審査があるため、場合によっては借りられないと言うこともあります。過去にクレジットカードの悪質な未払い等があった場合には、借りられないこともあるのです。

もちろん、自己破産などの履歴があれば借りられませんが、若い人が自己破産をしている例はほとんどありません。そもそも、年齢的にも収入的にも、自己破産をするほどお金を借りられません。よって、アルバイトの人が借りられない理由は、ほとんどがクレジットの未払いです。しかし、中には自分はクレジットカードなど持っていない、という人もいるでしょう。それでもやはり、クレジットの未払いが原因なのです。どういうことでしょうか。

答えは、携帯電話です。携帯を購入する際に、分割での支払いをするのが普通となっています。携帯の販売店は、実はクレジット会社も兼任していて、分割払いにすると言うことは、クレジット契約をしていると言うことなのです。カードは持っていなくても、契約した記憶は残っていなくても、毎月の電話代の請求の中に、実はクレジットの分割返済分も含まれているのです。携帯電話の未納程度、と考えていると、お金を借りる時の審査で引っかかる可能性があるので、遅れないようにしっかりと払いましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.