消費者金融の審査に落ちる典型的な例を教えてください

30代の会社員女性です。父親が入院になり、経済的にいくらか援助してあげたいと思っています。でも自分の生活で手一杯で、援助するにしても少し借りないといけません。そこで質問なのですが、私の条件で消費者金融の審査に通ると思いますか?今の会社は勤めて14年目で正社員です。役職は特にありません。独身で、年収は240万円ほどです。「こういう場合は落ちる」というような例がありましたら、気をつけたいのでそれも教えてください。10万円から30万円ほど借りられればと思っています。

過去に滞納したことがあったり、既に借入があるのは不利

条件だけ拝見すると、特に問題なく審査に通るのでは、という気がします。消費者金融で借りる場合には最大でも年収の3分の1までと決まっています。年収240万円なら80万円ですね。希望額30万円なら、比較的通りやすいのではないでしょうか。ひょっとしたら減額されるかもしれませんが、ひとまずその金額で申し込んでみて大丈夫だと思いますよ。

審査に落ちる例としては、まず過去に滞納したことがあるとよくないです。クレジットカードの支払いとか、他のローンとか、携帯電話の料金とかです。何かそういったものを払い忘れたとか、遅らせてしまった記憶がありませんか? 滞納するとその後の5年間、すべての借金がしづらくなると言われています。それと、既に借入があってもよくありません。消費者金融や信販会社のキャッシングでの借入はありませんか? 車のローンや住宅ローン、クレジットカードのショッピングリボの分などは関係ないです。

滞納や借入に問題ないようでしたら、あとは審査を受けるときの印象ですね。申し込み書を記入して提出するわけですが、その際にきちんと書けていなかったり、見栄を張って真実ではないことを書いたりするとよくないです。たくさん借りたいと思うと、年収を多めに書きたくなるかもしれません。でも相手はプロです。嘘を吐いたと思われては、借りられるものも借りられません。誠実さを心がけてください。それくらいでしょうか。

何度消費者金融の申込をしても、審査で落ちるその理由とは

消費者金融のキャッシングを申し込んでも、何度も審査で落ちるとお悩みの方はいませんか。まずは、なぜ審査に通らないのかを考えてみましょう。消費者金融は、何よりも本人の返済能力が問われます。これは基本的にキャッシングが、無担保、無保証であるため、申込の時点で収入がない人は、返済が不可能であるとされ、審査に通りにくくなります。

また、信用情報も大きくものを言います。この信用情報とは、その人のお金の借入やローンの返済履歴の情報で、返済が何度も遅れているのが確認された場合には、やはり落ちることがあります。これを事故情報、あるいはブラック情報といいます。通常延滞が3回以上続くと、信用情報にこのブラック情報が記録され、その後5年間は消えることがありません

ですから、消費者金融の審査に通らない場合は、まず職について収入を得るようにしましょう。また、収入がある場合でも、クレジットカードの利用などで、何度も連続して延滞をしていないかどうか、もう1度確認してみるといいでしょう。信用情報は、本人であれば閲覧することが可能ですので、事前に閲覧を行い、ブラックでないかどうかをチェックしてから、申込をすることをお勧めします。(参考ページはこちら→信用情報の問い合わせ先について

それから消費者金融の場合は、総量規制も大きな意味を持ちます。この総量規制とは、2010年施行の改正貸金業法で新しく設けられたもので、その人の年収の3分の1以上を、借入限度額とするものです。このため、他の消費者金融からも借入がある場合は、金額によっては、新規に申込ができなくなることがあります。

最後に、申込ブラックにも気を付けてください。1度に5社や6社に申込を行った場合は、仮に収入があって、信用情報に問題がなくても、返済能力に疑問を持たれて審査に落ちることがあります。せめて1度の申込は、3社くらいまでにとどめておきましょう。また、申込ブラックになってしまった場合は、半年ほど待ってから、改めて申込を行うようにするといいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.