消費者金融4社落ちた…どうしたらいい?

キャッシングベスト3

消費者金融連続で4社落ちた…もう通るところはないの?

かなり自分自身、追い詰められてきたなと思っています。実は先日でちょうど4社落ちたところです。就職活動だったら4社落ちたくらいだったら大したことない、と言われそうですが私の場合は消費者金融に落ちてしまったのです。しかも4社ですからかなりの数になって気が滅入っています。

これだけ落ちてしまったらもうほかの消費者金融や銀行系カードローンなど、まず受かることっていうのはないのでしょうか。消費者金融を4社落ちた理由がわからないし、本当に参っています。

消費者金融に4社落ちたとしたらもう少し間を空けるといい

どういうふうに申し込みをしたのか、どういったレベルの消費者金融に申し込みをしたのかによっても解決策というのは変わると思いますが、4社落ちたというところを重視してみると、おそらくですが消費者金融に申し込みをする間を開けたほうがいいかなと思います。間はだいたい半年から1年くらいは開けておいたほうがいいでしょう。

なぜこのようなアドバイスをするかというと、間を空けないと場合によってはどういう消費者金融でも銀行系カードローンでも、信用情報を審査するときに落ちてしまう可能性が高いからです。それは連続して申し込みをすることによって起こっている、申し込みブラックという状況から抜け出すために必要だからです。
(⇒何故ブラックリストと呼ばれる状態になるのか

正直申し込みブラックになっているかどうかははっきりと信用情報を見ないとわかりませんが、話だけを聞いている限りでは申し込みブラックの状況に近いかなと思います。ですので借り入れの申し込みをやめてとりあえず自分の稼ぎだけで生活をするようにしてみるのがいいでしょう。そうして半年から1年ほど経った後に申し込みをすると意外にすんなり通るかもしれません。

もしそうでないなら、申し込みをしている消費者金融や銀行系カードローンのレベルが高過ぎるのかもしれません。自営業では銀行系のクレジットカードを作るのは至難の業と言われているのですが、それと同じです。苦労をして何もできないのはもったいないですから、直ぐに他の業者に切り替えて借り入れ申し込みをするといいでしょう。

【参考ページ】
融資申し込みは厳選して行いたい理由

消費者金融で4社落ちた原因は各種規制の複合的な要因にもアリ

消費者金融の審査で重視されるものに他社の件数があります。通常の貸し付けに関しては限度額は50万円です。つまり、件数によってトータルの貸し付け残高が把握できるものになっています。総量規制の施行により年収制限と他社の貸し付けに関して厳しくなっていますが、件数の乗法によって債務全体がつかめるのが消費者金融の側面です。

また、消費者金融の業界では自主規制として3件規制のルールを設けています。この3件規制は他社の利用を3社以内とするもので、4社落ちた原因も総量規制に加えて自主規制も関係しています。この3件規制は現在利用しているものを対象としています。すでに3社利用している方は4社目は審査に落ちる可能性があり、総量規制に達していない段階でも触れることがあります。信用情報機関では完済分についても一定期間、情報が残っていますが、自主規制が現在進行中のものが対象であるため、新たに申し込むものが3社目であれば利用できることもあります。

4社落ちた原因としては過去の債務整理も関係していることが考えられます。この場合、総量規制に該当しない場合でもブラックリスト入りの状態では大手の消費者金融はもちろん、中堅の会社でも難しいことがあります。債務整理でどんな方法で行ったかにもよりますが、数年を最低の目安に新規の借り入れに制限が掛かっています。債務整理に関する情報は各信用情報機関にて確認を取ることができます。残っているか、それとも消えているのか、ブラックリストの状態を確認しておくことも審査を受ける上で重要です。

貸し付け条件に関しては安定した収入や年齢以外は記載されていないことがあります。自社基準は会社ごとに設定されており、審査落ちの原因を教えてくれないのが通常ですが、過去の債務整理や短期に複数の会社の申し込んだことによって起こる申し込みブラック、あるいは先の自主規制を主原因として、どのように自身の信用情報が掲載されているかを確認することが大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.