消費者金融でも借りられない人はどうしたらよいのでしょう?

専業主婦です。生活費のやりくりに困り、消費者金融のキャッシングに手を出そうとしました。しかし、借りる事ができませんでした。消費者金融でも借りられない人はどうしたらよいのでしょうか?

銀行のカードローンなら借りられるところがあります!

消費者金融の方が気軽に貸してくれて、銀行はお堅いから消費者金融で断られる人なんて無理無理!

そうイメージしました?

今は消費者金融の借り入れに対しては収入の総量規制というのができまして、収入の1/3までしか貸しちゃダメって話になりました。しかしこの規制、銀行のカードローンは対象から外れているのです。

それまでは旦那からとればいいわーと貸していた収入のない主婦が高額な多重債務になり、主婦もぼろぼろになるわ、消費者金融としても結局破産されたりして、逃げられてしまいダメージを負う事も少なくありませんでした。

収入の総量規制ができてそういった人は消費者金融からは借りる事はできなくなりました。

また、収入のない人だけでなく、収入がある高額な多重債務者の発生も抑える事ができるようになりました。

しかし、総量規制から外れる銀行のカードローンからは上限は設けられている事が多いものの、専業主婦は今も借りる事ができるのです。

ただ、収入がない以上多額を借りれば、返済するのも大変になるかと思います。

そこは気をつけてキャッシングしてくださいね。

【参考ページ】
専業主婦と融資の関係とは?

カードローンが消費者金融でも借りられない原因

カードローンの審査に落とされてしまい、消費者金融でも借りられない原因は、支払い能力の欠如にあります。これは年収と勤続年数と、そして既に別の企業からカードローンを利用されていたり、またブラックリストに載っていることが関係します。これらはカードローンを利用することにおいて、とても大切な要素となります。なので審査に落とされてしまった場合には、どのようなことが問題なのか、ということを確認する作業が必要なのです。

年収が大切なことは言うまでもありません。年収は借金の返済能力の直結するからです。年収が多ければ多いほど、一度に返済することのできる金額が増えるために、審査においては融資限度額を上昇させることになるのです。しかし年収が少なければ少ないほど、一度に返済することのできる金額は少なくなり、融資限度額は最低限になってしまうのです。
(⇒年収が低いとろくに融資が受けられない理由

この最低限の融資限度額も利用することが難しい場合には、審査に落とされてしまうのです。そのため年収があまりにも少ない場合には、審査に落とされます。そのため専業主婦などの収入がまったくない場合には、消費者金融の利用は難しくなってしまうのです。逆に収入さえあれば、アルバイトでもパートでも利用開始することができます。(参考ページはこちら→仕事をしていれば内容はともかくお金は借りられます

勤続年数が重要なのは、カードローンは一度利用したらすぐ終わる金融商品ではなく、何度も利用する、という性質であるために、長期的な収入を得ていることが必要になるからです。なので勤続年数が極端に短い場合には、その後のカードローンの利用において、支払い能力に対して不安が残ってしまうために、審査に落とされてしまうことになるのです。

別の企業から複数のカードローンを利用している場合には、審査に通ることができなくなってしまいます。その理由としては、支払い能力があるのならば、カードローンを複数利用する必要が無いからです。それにも関わらず、カードローンを利用しようとしているのならば、支払い能力が無いと判断されてしまい、落とされてしまうのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.