ブラックリスト記載の名前の消し方を教えて

キャッシングベスト3

消費者金融のブラックリストってどうやったら消してもらえるの?

過去に返済期間を過ぎてから、催促の手紙が来たので親に立て替えてもらっての返済をしたことがあります。おそらくこれが原因で、以降審査が通りにくくなっているのだと思っています。

ブラックリストに載ってしまったのでしょう。こう言った場合、どのようにしたらこのリストから名前を削除してもらえるのでしょうか?

内容にもよりますが、時間が解決してくれる問題です

ブラックリストとはネットや噂上の造語であり、厳密に言うと、CRINなどの信用情報機関に載ってしまった「返済の滞り」や「自己破産」、「連帯保証人からの返済」などの履歴のことを言います。便宜上ブラックリストという表記を使いますが、上記の情報も理解しておいて下さい。ご存知の通り、ブラックリストに載ってしまうと、自動車ローンや住宅ローンなどはまず審査が通らなくなります。

無難な方法は「ひたすら待つ」ことです。以下に参考までに基本的なリスト削除までの期間を記します。
1:返済の延滞…5年
2:自己破産…10年
3:民事再生・個人再生…5年
この間に裁判所から支払い督促状が来て、訴訟問題になると、上記の年数は無効になり、再びカウントが始まります。つまり、裁判の整理してから、更に上記の年数がかかるという意味です。

ブラックリストに載った際の主なデメリットは新規契約ができないことにあります。車や住宅ではより信頼できるローンを組みたいですよね。そこで、どうしても早期に解決したい場合、消費者金融業者と直接話し合いの場を設けられるのであれば、そこで一括返済をして、早期にブラックリストから外れた例もあるようです。まさに裏技ですし、大手企業ではこの方法は通じません。

上記の全てをうまくクリアしていても、過払い金を申し立てた場合、特に日本貸金業登録企業以外に申し立てると、ブラックリストに乗り続けてしまうことがありあます。どうしても理由が分からない場合・早期にリストから外れたい場合は、専門の法律事務所に聞くのが最も重要だと言えます。

【参考ページ】
ブラックリストになっても二度と借りられないわけではありません

消費者金融のブラックリストとはどのようなリストなのでしょうか

消費者金融のブラックリストと言うのはどのようなリストの事を意味しているのかです。よくブラックリストに掲載されるとキャッシングの申込みやクレジットカードを作る事が出来ないと言います。(参考ページはこちら→ブラックリストの正体とは?

申込みを行った時に、消費者金融やクレジットカード会社はブラックリストと呼ばれるリストのようなものを見て、この申し込み者はブラックリストに掲載されているので申込みを断ろうと言う形になっているわけです。

しかし、実際にこのようなブラックリストが存在するのではないのです。

キャッシングはお金を借りることを意味しています。お金を貸す側は、お金を貸す人の信用を重視します。お金を貸したけれども返してくれないのでは利益を得ることが出来ませんし、債務の回収が出来なければ会社は経営が危うくなるわけです。そのため、キャッシングの申込みを行った人の信用情報を調べるのです。

この信用情報は個人信用情報と呼ばれるもので、信用情報機関が管理を行っているデータベースです。信用情報機関は、3つの機関が有り、銀行、消費者金融、クレジットカード会社などはそれぞれ異なる信用情報機関の加盟を行っているのです。そのうち、官報に掲載される情報は3つの情報機関で共有をしているのが特徴です。自己破産をすると官報に掲載されてしまうと言いますが、破産の記録が信用情報機関では共有化が行われており、破産の記録自体が個人信用情報に記録されているのです。

申込みに来た人の個人信用情報の中に、官報に掲載されている破産の記録、借金をした際の返済時の延滞記録と言った事は、金融における事故の情報と言う形になります。また、この金融の事故の情報の事を金融ブラックとも言います。

すなわち、消費者金融のブラックリストと呼ばれているものは、この個人信用情報の中に、破産や延滞の記録が有る事を意味しており、ブラックリストと呼ばれるリストが有るわけでは有りません。尚、これらの記録と言うのは5年から10年残されると言われており、時期が過ぎることで情報は消滅すると言います。(参考ページはこちら→ブラックリストはいつまで続く?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.