消費者金融のブラックに載らない方法とは?

キャッシングベスト3

消費者金融のブラックに載る事を回避するには?

消費者金融のブラックリストに載らない方法はありますか?毎月返済をしていますが、今月医療費がかかってしまい、返済が滞ってしまいそうです。

きちんと返済する事。返済が難しい場合は前もって相談する事

ご相談ありがとうございます。まず、相談者様が仰るブラックリストの件ですが、厳密に言えばブラックリストという書類は存在しません。実際には何があるのか?と言うと、例えば新規で携帯電話を購入したい。または、消費者金融に新規で申し込みたい。など、新規で金融商品を申し込む時、金融企業があなたの履歴を参照します。どこの金融会社でも共通して、申込者のこれまでの金融成績。例えば毎月の返済をきちんとしてきたか、滞納や延滞があった時期はあるのか。などといった情報を参照するのです。

そしてブラックという言葉の意味合いですが、大きく分けて2つあります。まず1つ目が、債務整理をした場合。もしくは延滞や滞納をしてしまった人を指します。そしてもう2つ目は、1ヶ月以内にまとめて3社以上の消費者金融に申し込みをしている人です。1つ目に関しては皆さんも想像がつきやすいと思います。では、2つ目の人は一体どのような人でしょうか?1ヶ月以内にまとめて3社以上に申し込む人、というのは、またの名を申込みブラックと言います。よほどお金が必要だったのか?よほど審査に通る自信がなかったのか?その辺りの事情は本人にしか分かりませんが、1ヶ月以内に3社以上に申し込む人は、余程お金に困っている人だろう。と、容易に想像されます。

つまり、余程お金に困っているという事は、返済に支障をきたすかもしれない。という事です。そして審査の申込みをした記録もしっかり残ってしまうため、借入の記録がなくてもブラックと認定されてしまいます。本題ですが、ブラックにならないためには、どうしたら良いのでしょうか?一番は、返済をきちんとする事です。どうしても返済が厳しい場合は、返済期限の来る前に、利用している消費者金融に連絡して下さい。毎月の返済額を下げてもらう、もしくは利息だけの入金でも良い。などの配慮をしてくれます。また、延滞も3ヶ月以内であれば、滞納ではなく遅延とみなされます。

だからどうしても苦しくて返済できない場合でも、3ヶ月以内にどうにかしましょう。また、申込みブラックの場合は、1ヶ月以内に同時進行で申し込んで良いのは、2社までである。という事を申し込む前に覚えておきましょう。ブラックの期間は5年は残るため、何としてでも避けないと自分が苦しくなります。

消費者金融を利用していてブラックになるのを回避するには

消費者金融では金融業者と消費者の間でお金を貸し借りするという契約が結ばれます。事前に金融業者が定めた限度額内であれば消費者が希望する金額を借り入れることができるということは、不測の事態への備えとして非常に便利な存在になってくれます

ですが消費者金融を利用してお金を借り入れるというような場合には、自身が「ブラック」になってしまわないように注意が必要です。ここでいうブラックとは「信用情報に事故情報が記録されている人」という意味になります。事故情報が一度記録されてしまうと最短でも五年間は消費者金融を含めたほとんどの金融業者から借り入れをすることができなくなってしまいます。若い頃の借り入れが、後々の住宅ローンやマイカーローンに影響を与えるということもありますから、無茶な借り入れをしてしまいがちな若い人ほど注意しなくてはなりません。(参考ページはこちら→消費者金融の利用の仕方によっては将来にまで影響します

ではブラックになることを回避するにはどういったポイントに注意をすればよいのでしょうか。まず何よりも注意するべきとなるのが「収支バランスを考える」ということです。例えば月々の収入が15万円の人がいたとして、その人が毎月10万円を返済していくことができるかといえば、非常に困難ということになるでしょう。特にこの人が一人暮らしをしていたというような場合には、まずもって不可能と考えるのが自然です。月々の返済が厳しくなってくると、返済のために借り入れをする多重債務状態が引き起こされやすく、さらに月々の返済額が増えていくという悪循環に陥ってしまうこととなるのです。

こうなってしまうといつかは返済が不可能となり、自己破産などの道を選ばざるを得なくなります。自己破産はブラック情報の中でも特に重いものであり、場合によっては10年近く融資をしてもらえなくなることもありえるのです。また同様に注意しなくてはならないのが、返済日を忘れないということです。

数日程度の滞納であれば事故情報として記録されることは余りありませんが、それが常習化してしまったり、数ヶ月単位で延滞をしてしまったというような場合には事故情報が記録され、その業者からの新たな借り入れは即座に停止され、他の金融業者からの借り入れもできなくなります。消費者金融との契約は互いの信頼関係によって成り立つものとなっていますから、利用の際には信用を裏切らないように心がけなくてはなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.