消費者金融ブラックとは一体何なのか

キャッシングベスト3

噂には聞いているけれども消費者金融ブラックとは何か?

消費者金融ブラックとはなにか?という話なんですが、消費者金融ブラックとはどういうものであるというのをいまいちよくわかりません。借り入れができなくなるというのはなんとなく聞いたことがあるんですが、借り入れができないのは収入が低い人なども同じだと思うのです。

じゃあどういう部分が違うのか?それを詳しく知りたいのです。一体消費者金融ブラックとはどういうものなのでしょうか。

簡単にいえば業界から村八分にされているようなものだ

消費者金融ブラックとはと聞かれて、はっきりとした答えを持っている人のほうがまだまだ少ないかと思います。もちろん質問者の言うように借り入れをすることができなくなるというのはそのとおりなんですが、それだけでもありません。実は簡単にいえば消費者金融や銀行系カードローンなどの金融業界から村八分にされている状態と考えてみるのが一番わかり易いんじゃないでしょうか。

村八分というのはわかりやすくすると最低限付き合い以外は仲間はずれにするもので、昔も葬式と火事以外は一切関わりを持たなくなるものを村八分と言われていたそうです。これと同じようにブラックになってしまえば消費者金融やクレジットカードのキャッシング・ショッピング、そして銀行系カードローンなど様々な金融業から仲間はずれにされてしまいます。

唯一銀行口座を利用するということはできますので、まさに一部を覗いて仲間はずれ状態にされていると思っていいでしょう。消費者金融ブラックとは消費者金融だけが使えなくなる、お金の借り入れができなくなると思っている人もいますが、それも違います。実はお金の借り入れだけではなく、クレジットカードなども使えなくなるのです。分割払いまでできなくなるのでこれはかなりダメージが大きいでしょう。

こういうデメリットがたくさんあるために、消費者金融ではブラックにならないように気をつけないといけないのです。今の時代、銀行系カードローンやクレジットなどが使えないというのは、生活の質をかなり下げてしまうことになるので、じゅうじゅう気をつけていただきたいです。

消費者金融ブラックとは、そしてブラックになる原因は?

消費者金融ブラックとはどのような事を意味しているのかですが、ブラックの状態になるとキャッシングの申込みを行っても審査に通らないと言われています。ブラックリストと言う言葉が有りますが、ブラックリストと言うリストが有るのではなく、信用情報機関が管理をしている個人信用情報に金融の事故の情報が記録されている事をブラックリストに掲載されていると言われているのです。

申込みを行った場合は、個人信用情報を調べます。これは個人信用情報の照会と言う形になり、情報の中に申込みを行って来たと言う履歴が残されるのだと言います。また、借金をした場合は返済における記録なども残されており、月々の支払いがきちんと行われている人であるかどうかもわかると言います。
(⇒融資の審査で行われている事を確認しよう

例えば、返済期日を1日でも遅れた場合は、遅延と言う形で記録が残されるのです。それ故に、ブラックリストなどと呼ばれているのです。

消費者金融ブラックとは、申込件数が多い事を意味しており、申込みブラックとも言われています。例えば、1週間の中で4社以上の消費者金融に申込みをすると、その都度個人信用情報の照会が行われ、その都度記録が残されていきますので、既に4社以上に申込みを断れている人物であるという事が明確になります。

短期間に申込みを必死で行っている人はお金に困っている人であり、返済をきちんと行ってくれないと言った判断が下されてしまいます。

一般的には、1か月ほどの期間の中で3社までであれば、申込みブラックと言う形にならないと言われていますが、1か月間の中で4社以上の申込みをすると申込みブラックの状態になるので注意が必要なのです。

因みに、個人信用情報の中に借金返済時の延滞、借金返済が困難になってしまい自己破産をした時の記録も残されることになります。これらの情報が記録されている事でブラックリストに掲載されていると言った状態になりますので、申込みを行っても審査に通る事は有りません。また、このような状態で短期間に複数申込みを行えば、申込みブラックと言った形になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.