専門家に相談してアドバイスを受けましょう

キャッシングベスト3

飲食店を開業したいのですが融資を国から受ける事が出来ますか

飲食店を開業したいと思っています。自己資金は500万円、設備資金600万円、運転資金300万円で、過去にホテルで料理長の経験もあります。過去に金銭関係でのトラブルはありません。年齢は33歳で妻と子供が一人います。長年の夢でしたので、なんとしても夢を叶えたいのですが、800万円の融資を得たいと思っていますが、国からの融資は受けれるのでしょうか?

公的融資制度の対象ですから可能性はあります

飲食店の開業資金は、公的融資制度の対象ですから日本政策金融公庫からの融資の対象になります。しかし国庫のお金ですので無制限に融資を受ける事は出来ず。融資自体は難関です。さしあたって用意しないといけないのは事業計画書です。この事業計画書が融資を受ける事が出来る、出来ないの大事なポイントになります。個人で作れますが、勿論ウソはNGです。個人で融資を受けられるだけの立派な事業計画を作成出来るなら、それに越した事はありませんが内容があって個人で作成するのは大変です。

内容に記載漏れなどの不備事項があっても、融資へのマイナス要素になりますから、ここは、まず融資を受けようとする前に専門家のアドバイスを受けている事をお勧めします。中小企業診断士などの資格も持っている専門家のアドバイスを受けてみたらどうでしょうか?インターネットで飲食店の開業などのキーワードで探せば無料で相談に乗ってくれる情報は見つかります。事前に準備が必要な理由は公的融資は、一度融資に失敗すると二回目に成功する事はまず期待できないからです。先ずは専門家に相談して、可能な限り成功する確率を高めて申し込んだ方がいいです。

おでん屋台をはじめたい!に開業資金に国金の融資は降りるのか?

定年退職してからの夢は、おでん屋台です。改造したリアカーにガスコンロを積んで、できれば発電機を載せ、「おでん」と書いた赤提灯をつけて、公園や街頭で営業してみたい。マンガやテレビでサラリーマンや刑事が飲んでいる風景がよく描かれています。ふつうの飲食店に比べて解放感があるし、何よりそういう「外飲み」をするのが、自分が好きなのです。

もちろん、保健所の営業許可、資格、道路使用許可、地元の同業者との交渉などなど、いろいろハードルがあることは理解しています。夏場はどうするのか?とか、年を取って体力は続くのか?とか、さんざん人にいわれましたが、一度はやってみたいと思っています。

さて、飲食店を始めるときに開業資金を借りるのは一般的です。屋台は移動店舗なので、敷金などが要らず、コストを下げることはできますが、少なくとも300万円は準備したい。代表的なのは「国金」です。かつては国民金融公庫、いまは日本政策金融公庫の略称で、民間の融資会社と比べるとかなり安い金利で資金調達ができます。

その分、審査がかなり厳しいとのこと。まず、自分が不動産などの担保がある場合、しっかりした人が保証人になってくれるのであれば、イチバン。でも、そうでないから小規模事業を独立開業するわけです。数百万円以上の融資の保証人になってくれる人なんてなかなかいないし、もしいたら、その人から借りたっていいし・・・。

そうでない、無担保の場合は、かなりつっこんだ質問をされ、自分に信用があるかを調べられます。さらにさまざまな条件があります。きちんとした明細に基づき、開業資金がいくら必要かを示す計画書、その予定資金の半分を自分で負担できること、業務の経験が長年あること、とにかく事業を続けるために新しいアイディアが盛り込まれていること、などなど・・・。もちろん、今までの融資の借入れや返済などの履歴も調べられます。

しかし、逆にいえば、この条件を満たしていないと商売ってうまくいかないでしょうね。何も考えずに店を出しただけでお客がきて儲かった、なんてよっぽど運がいい人だと考えたほうがよさそう。

一方、資金を銀行から借りたらどうなるのか。やっぱり借入れ・返済の履歴は重視されます。おまけに事業計画もかなりしっかりしていないと、無担保では厳しいという情報が有力でした。金利が高くなる分、多少審査に通りやすくなるんでしょうが・・・。

とりあえず、退職までは十数年あります。これから力を入れていきたいことは、専門家にも相談して事業計画を立てるトレーニングをする、自分の信用を磨く、ということが第一です。キャッシングの借入れだけでなく、公共料金や健康保険、年金を含め、絶対に支払遅延しない。それから、貯金。さらに欲をいえば、保証人になってくれる収入が安定した友達をつくることでしょうか!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.